【HTML/jQuery UI】NumericUpDownを設置する【Spinner】

公開日: : 最終更新日:2014/08/28 JavaScript/jQuery, サイト制作

スポンサーリンク

HTMLタグにNumericUpDownがないか探したのですがないみたいなのでそれが使えるようなものを探したところ一番良さそうなのがjQueryUIの「Spinner」でしたので試しに使ってみました。

設置する

jQueryUIの設定自体は省略します。Spinnerの設置自体はinputタグを用意してそのDOM(jQueryオブジェクト)のspinnerメソッドを呼ぶだけです。

JS側

$(function(){
	var spinner = $( "#spinner" ).spinner();
});

HTML側

<input id="spinner">

最大値・最小値・初期値の設定

このままではどんな値でも設定できてしまうので最大と最小値を設定します。ついでに初期値も設定します。

$(function(){
	var spinner = $( "#spinner" ).spinner(
	{
		max:31,
		min:1		
	});
	$( "#spinner" ).spinner( "value" , 31 );	
});

最大値・最小値はプロパティで設定することができます。「max」、「min」プロパティでそれぞれ最大と最小を設定し、オプション設定で「value」値に指定の初期値、この場合では31、を入れています。

他のプロパティにはクリックごとの上がり幅、下がり幅を決める「step」などがあります。詳細は本家ページのこちらをご覧ください。

値の取得

値はオプションの「value」値から取得できます。

var val = $( "#spinner" ).spinner( "value" );

イベント

イベントには上下ボタンのクリックにより値が変更されたときに呼ばれる「spin」イベントや外的要因から値が変更されたときに呼ばれる「change」イベント、初期化の際に呼ばれる「create」イベントなどがあります。(spinはchangeが呼ばれる状況では呼ばれない模様。その逆もその様子。)

例)

$(function(){
	var spinner = $( "#spinner" ).spinner(
	{
		max:31,
		min:1,
		change: function( event, ui ) {
			/*省略*/
		},
		spin: function( event, ui ) {
			/*省略*/
		},
		create: function( event, ui ) {
			/*省略*/
		}
	});
});

※ちなみに引数の「ui」で値を取得できるのは「spin」のみで「ui.value」で取得可能です。その他の場合は上記で述べたオプションの「value」の値から行ってください。

サイズの変更

CSSでSpinnerのサイズを変更します。

#spinner{
  width: 26px;
  height: 16px;
  font-size: 14px;
  line-height: 16px;
}

デモ



値⇒
change⇒
spin⇒

CSSも上記のものを指定しています。

ソース

JS側

$(function(){
	var spinner = $( "#spinner" ).spinner(
	{
		max:31,
		min:1,
		change: function( event, ui ) {
			$( "#change" ).html( $("#spinner").spinner( "value" ) );
		},
		spin: function( event, ui ) {
			$( "#spin" ).html( ui.value );
		},
		create: function( event, ui ) {
			$( "#spinner" ).spinner( "value" , 31 );
		}
	});
	
	//クリックイベントで値を取得
	$("#btn").click(function(){
		var val = $( "#spinner" ).spinner( "value" );
		$( "#spinnerdst" ).html( val );
	});	
});

HTML側

<input id="spinner">
<button id="btn">値取得</button>
値⇒<span id="spinnerdst"></span>
change⇒<span id="change"></span>
spin⇒<span id="spin"></span>

スポンサーリンク
Amazon
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Twitterのフォロワーが有効かどうか評価するツール

ツイッターの自分のフォロワーがスパムや活動休止中か判定することのできるツールに『Status Peo

記事を読む

monacaでWebサイトをアプリ化

monacaを使ってWebサイトをアプリ化するための叩き台としてのメモです。 Webサイトのア

記事を読む

【javascript/jQuery】Progressbarで処理の進捗状況を表示する

jQuery UIでProgressbarを使う 処理経過を表示する場合プログレスバーにより提示さ

記事を読む

【CSS】beforeのcontentで改行する

.bsample1:before{ content:"★参考★\A"; } .bsampl

記事を読む

人気記事・ランダム記事等紹介の忍者レコメンドが大幅にパワーアップした件

以前このブログにて忍者レコメンドの紹介記事を書きました。その際にこのブログにも忍者レコメンドを設置し

記事を読む

ニコニコ動画のURLリンクから外部プレイヤーのスクリプトに正規表現で置換する

ニコニコ動画の動画のアドレスを抽出して外部プレイヤー貼りつけソースのスクリプトに変換するソースです。

記事を読む

スクレイピングをサポートしてくれるAPI【kimono】

kimonoというスクレイピングをAPI化してくれるという素晴らしいサービスがあります。

記事を読む

javascriptで画像処理をする【HTML5】

HTML5でjavascriptを使って画像処理をしてみました。このページでは手始めにグレースケール

記事を読む

ソーシャルボタンをブログやサイトに設置する方法

TwitterやFacebookなどのソーシャルボタンを付ける方法です。ソーシャルボタンを付けるには

記事を読む

tableデータから棒グラフを描画できるjQueryプラグインTableBarChartを使ってみる

グラフを作成することについて 既存のtableデータから簡単に棒グラフの作成できるTableBar

記事を読む

【Laravel5】既存のDBからデータを取得して表示する

はじめに 今まで作ったWebサイトをLaravel5で見れるようにし

【C++/OpenCV】cv::Matの画像にインパルスノイズを付加する

OpenCVで画像にノイズを付け足したいと思って調べたところ、Pyth

Intel Corei7-7700TでHTC Viveの動作確認

はじめに HTC ViveというVRヘッドセットで遊んでみたのでその

【Python】フォルダ内のカッコ付き数字ファイルを一括でリネームするスクリプト

はじめに タイトルどおりなのですが、指定フォルダ内のファイルのファイ

OpenCV3.1のTracking APIでトラッキングを試す

はじめに 先日OpenCV3.1をopencv_contrib付きで

パソコンを複数台使う際便利なツール

はじめに 先日、機械学習用にGPUを積んだBTOパソコンを購入しまし

OpenCV3.1をopencv_contrib付きでVisual Studio2013でビルドしてインストールする

はじめに OpenCV3.1でトラッキングがしたいと思いインストーラ

→もっと見る

  • Author : ががんぼ
    プログラミングやWeb関係で気付いたことについてメモしていく予定。だいたいが備忘録ですが、自分でサンプルを作って動かしてみたりしています。
PAGE TOP ↑