【C言語】fopenが失敗するエラー

公開日: : 最終更新日:2014/08/14 C/C++

スポンサーリンク

ファイル操作に使うfopenがどうしても失敗してしまい困っていました。既に開かれているファイルを開くときはエラーが出てくることがありますが、そのように、どこかでファイルを使用しているわけでもなかったので、ずっと悩んでいたましたが、ようやく原因がわかりました。

WINAPIの”GetOpenFileName”というファイルオープン関係の関数を使用していたのが原因でした。ファイルの指定は相対パスでの指定だったのですが、ファイルを選択した後カレントディレクトリがそちらのほうへ移動してしまっていたためfopenがうまくいかなかったようでした。

もしかしたらかなり基本的なことかもしれませんが、ファイル選択、ファイル保存、フォルダ選択などのダイアログは呼んだ後、実際に選択するとカレントディレクトリはそちらへ移動してしまうようですので、あまりそういった後のファイル読み込みは少ないかもしれませんが注意が必要だということが分かりました。

スポンサーリンク
Amazon
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【C言語/C++】コンソールでAAアニメーション

コンソール上でAA(アスキーアート)のアニメーションをさせます。 手順としては

記事を読む

【C言語/C++】配列のまとめ

C/C++を使っていると必ず配列を使う場面が出てくると思いますが、その配列についてまとめました。C言

記事を読む

コンソールアプリケーションでC++/CLIの関数を使う

今時(?)なかなか使っている人がいるかどうかわかりませんが、VisualStudio(2008)で「

記事を読む

【C言語】printfのような関数を作る

C言語でよくつかわれるprintfでは例えば int a,b,c; … printf(

記事を読む

【C言語/C++】フォルダ作成を行う

C言語、C++でフォルダを作成するには『direct.h』にある『_mkdir』関数を使うことで実現

記事を読む

no image

【C++】文字列のcontainsメソッドによる比較

C++/CLIなどではStringのContainsメソッドが便利ですが、純粋なC++のstring

記事を読む

【C言語】fscanfでファイルを1行ずつ読み込む

C言語のfscanfでCSV形式(単純なカンマ区切り)のファイルを読み込むサンプル。 基本的なこと

記事を読む

【C言語】文字列に指定の文字列が含まれるか調べる

ある文字列に指定の文字列が含まれるかどうかを調べるにはstring.hにあるstrstr関数を使いま

記事を読む

【C言語/C++】int整数などの数値をchar配列の文字列に変換する

C++であればstringが使えて非常に便利ですが、C言語で文字列というと基本的にはcharの配列を

記事を読む

no image

【C++】既に main.obj で定義されています

error LNK2005: 既に main.obj で定義されています。 fatal error

記事を読む

NVIDIA DIGITSをSupervisorを使って自動起動する

はじめに 先日Ubuntu14.04にDIGITS 5をGPUなしP

【2017年度】GeForce 1080 Ti搭載BTOパソコン比較

はじめに 最近ディープラーニング用にGPUのないPCにDIGITSを

Windows用のシンプルなストップウォッチソフト紹介

Windows(10)でも使える使いやすいKAZAMITimerという

MNISTをDIGITS 5のCPUのみで試す(GPUなし)

はじめに DIGITSを使えばGUI操作で簡単にディープラーニングが

Windowsユーザが初めてMacBookを購入したときの注意点や感想

最近12インチのMacBookを購入しました。今までWindowsしか

Redmine3.2をUbuntu14.04にインストールして躓いた所についてメモ

はじめに Ubuntu14.04 ServerにRedmine3.2

UWSCを使ったソフト自動立ち上げ【SoftEther VPN Server】

やりたいこと 最近SoftEtherという筑波大学発のベンチャー企業

→もっと見る

  • Author : ががんぼ
    プログラミングやWeb関係で気付いたことについてメモしていく予定。だいたいが備忘録ですが、自分でサンプルを作って動かしてみたりしています。
PAGE TOP ↑