【MMD】初音ミクをプログラミングで動かすには

公開日: : 最終更新日:2014/08/14 3DCG, プログラミング

スポンサーリンク

MikuMikuDanceという初音ミクをはじめとした3Dモデルを動かすことのできるフリーソフトがありますが、それをプログラミングで動かしてゲームのようなものを作るという試みもあるようです(『MMDゲーム化計画』)。

上のリンク先でもいくつか紹介されていますが、他にもあるようなのでまとめました。

DXライブラリ

C/C++のライブラリであるDXライブラリでMMDのモデルデータやモーションデータを扱うことができます。リファレンスやサンプルプログラムが豊富なのでサンプルをいじるだけでもそれなりのものが作れるのではないかと思います。

動画はDXライブラリで作られたものです。このレベルのものを作るのは結構難しいと思いますが、こういったものもできます。

『DXライブラリ置き場』
http://homepage2.nifty.com/natupaji/DxLib/

『DXライブラリ 3Dを扱ったサンプルプログラム』
http://homepage2.nifty.com/natupaji/DxLib/program/dxprogram_3D.html

XNA

Microsoft XNAは2006年に登場したマイクロソフトによるゲーム開発のためのツールでXbox360、Windows、Windows Phone向けのゲームを作ることができます。

言語としてはC#を使ってプログラミングすることになりますが、このXNAでMMDを扱える『MMDX(MikuMikuDance for XNA/SlimDX』というライブラリが有志の手で公開されています。

ただし、Microsoftは2013年2月にXNAの開発を終了すると発表したので今から手を出すなら一度考えた方がいいと思います。

『MikuMikuDance for XNAライブラリ公開開始』
http://sourceforge.jp/projects/mmdx/

『マイクロソフト、ゲーム開発環境「XNA」の開発を終了』
http://www.inside-games.jp/article/2013/02/02/63507.html

Unity

Unity(別名Unity3D)はゲーム開発ツールでWindowsやLinuxだけでなくiOSやAndroid、Xbox、プレイステーション3など様々なプラットフォームに対応しているというのが特徴で、C#やJavaScriptのコードにも対応しているようです。Unityを使ったスマホの3Dゲームも登場しています。

そんなUnityでMMDを使おうという活動を行っている『UnityでMMDを動かす会』というのがあり、それに関して解説をされている動画があるので参考にしてみてください。

こういう書籍もあります

 /></a></td>
<td valign=Unityで作るスマートフォン3Dゲーム開発講座 Unity4対応 (SMART GAME DEVELOPER)
夏木 雅規,寺園 聖文

翔泳社
売り上げランキング : 3600

Amazonで詳しく見る

『Unity 3D』
http://japan.unity3d.com/

『UnityでMMDを動かす会』
http://sourceforge.jp/projects/mmd-for-unity/

『Unityで楽々スマホ用3Dアプリ開発入門』
http://www.atmarkit.co.jp/fsmart/index/unity.html

WebGL

WebGLは3次元グラフィックスをブラウザで動かすための標準仕様でHTML5のCanvasを利用して表示を行います。JavaScriptを使って操作することが可能となのでゲームを作ったりすることもできます。

ただ、WebGLは元となっているOpenGLESの知識も必要となってきます。しかし、それを知らなくても簡単にWebGLを扱うことのできるライブラリ『Three.js』というのがあるので興味のある方は見た方がいいです。リンク先のサイトではたくさんのデモを見ることができます。

そのなかでもKinectで得られる深度情報を表示するデモもあるようです。(手元にKinectがないので未確認)

こんなWebGLですが、MMDをWebGLで動かすことのできる『MMD.js』というライブラリを作成されている方がおり、『MMD on WebGL』というサイトでMMDのキャラクターが踊りだすデモを見ることができます。

こういうのを作っている方もいらっしゃいます

『MMD on WebGL』
http://edv.sakura.ne.jp/mmd/

『 edvakf/MMD.js(GitHub)』
https://github.com/edvakf/MMD.js

『three.js – JavaScript 3D library』
http://threejs.org/

その他

実は他にもMMDを扱うライブラリはあります。Javaのライブラリもあるようです。

『VPVP wiki MMD周辺ライブラリ』
http://www6.atwiki.jp/vpvpwiki/pages/288.html
スポンサーリンク
Amazon
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

MMDなどの3Dモデルが閲覧・共有できるニコニ立体が面白い

いよいよニコニ立体のサービスが開始されました。色々な3D作品が既にたくさん投稿されています。

記事を読む

つぼみの3DCGモデルが配布される

公式サイトでつぼみさんの3Dモデルデータが配布が開始されているようです。これをそのまま3Dプリンタで

記事を読む

jThree.jsやThree.jsでcanvasの画面をキャプチャして画像にする方法

WebGLのライブラリであるThree.jsやそのラッパーライブラリのjThree.jsでcanva

記事を読む

【3DCG・MMD】カメラレンズによる見え方シミュレータ作成について

カメラのレンズが違うことでどのくらい出来上がる写真に差が出てくるのかを確かめることのできるシミュレー

記事を読む

【Three.js/jThree.js】カメラ内部パラメータを変更して視野などを変える

jThree.jsでカメラの内部パラメータを変更するのに手間取ったのでメモ。参考にしているjThre

記事を読む

【MMD】BlenderでCyclesを利用してレンダリングしてみる

Cyclesを使ってみる BlenderのCyclesを用いてレンダリングを試してみました。Cyc

記事を読む

【DeepLearning】物体検出手法のSSD(Keras版)を試す (Ubuntu14.04)

はやりのディープラーニングの物体検出手法の一つであるSSDのサンプルを

【Laravel5】既存のDBからデータを取得して表示する

はじめに 今まで作ったWebサイトをLaravel5で見れるようにし

【C++/OpenCV】cv::Matの画像にインパルスノイズを付加する

OpenCVで画像にノイズを付け足したいと思って調べたところ、Pyth

Intel Corei7-7700TでHTC Viveの動作確認

はじめに HTC ViveというVRヘッドセットで遊んでみたのでその

【Python】フォルダ内のカッコ付き数字ファイルを一括でリネームするスクリプト

はじめに タイトルどおりなのですが、指定フォルダ内のファイルのファイ

OpenCV3.1のTracking APIでトラッキングを試す

はじめに 先日OpenCV3.1をopencv_contrib付きで

パソコンを複数台使う際便利なツール

はじめに 先日、機械学習用にGPUを積んだBTOパソコンを購入しまし

→もっと見る

  • Author : ががんぼ
    プログラミングやWeb関係で気付いたことについてメモしていく予定。だいたいが備忘録ですが、自分でサンプルを作って動かしてみたりしています。
PAGE TOP ↑