DXライブラリで3D文字を描画

公開日: : 最終更新日:2014/08/14 DXライブラリ

スポンサーリンク

DXライブラリで直接3D文字を描画するような関数は今のところ(2013/7)ないと思います。もし3Dの文字を描画したいなら文字の3次元モデルを作成して表示させるしかないのですが、『String MQObject Builder』というフリーソフトを利用すればDXライブラリで読み込むことのできるMQO形式の立体文字を手軽に作成することができます。こちらでも試しに使ってみました。「DXライブラリ」という文字を3次元化させます。

string_mqobject_builder.jpg
実際に作成した文字列

string_mqobject_builder_input.jpg
文字を入力するだけ

フォントの変更やその他でもマテリアルの変更も簡単に行うことができます。文字を立体で扱おうと思っている方は使ってみてください。

スポンサーリンク
Amazon
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【DXライブラリ】SetDrawScreenで3Dがうまく表示されない

グラフィックハンドルを用いて描画を行いたいという場合があるかもしれないのですが、その際3次元が描画さ

記事を読む

【DeepLearning】物体検出手法のSSD(Keras版)を試す (Ubuntu14.04)

はやりのディープラーニングの物体検出手法の一つであるSSDのサンプルを

【Laravel5】既存のDBからデータを取得して表示する

はじめに 今まで作ったWebサイトをLaravel5で見れるようにし

【C++/OpenCV】cv::Matの画像にインパルスノイズを付加する

OpenCVで画像にノイズを付け足したいと思って調べたところ、Pyth

Intel Corei7-7700TでHTC Viveの動作確認

はじめに HTC ViveというVRヘッドセットで遊んでみたのでその

【Python】フォルダ内のカッコ付き数字ファイルを一括でリネームするスクリプト

はじめに タイトルどおりなのですが、指定フォルダ内のファイルのファイ

OpenCV3.1のTracking APIでトラッキングを試す

はじめに 先日OpenCV3.1をopencv_contrib付きで

パソコンを複数台使う際便利なツール

はじめに 先日、機械学習用にGPUを積んだBTOパソコンを購入しまし

→もっと見る

  • Author : ががんぼ
    プログラミングやWeb関係で気付いたことについてメモしていく予定。だいたいが備忘録ですが、自分でサンプルを作って動かしてみたりしています。
PAGE TOP ↑