つぼみの3DCGモデルが配布される

公開日: : 最終更新日:2014/08/14 3DCG

スポンサーリンク

公式サイトでつぼみさんの3Dモデルデータが配布が開始されているようです。これをそのまま3Dプリンタで出力できるらしいのですが、せっかくなので3Dファイルを開いてみました。

ダウンロードするとobjファイルとwrlファイルの2種類のファイルが同梱されていますが、objファイルは形状データだけで色・テクスチャがないようなのでwrl形式のファイル(VRMLファイル)を開きます。

VRMLファイルを開くには『Cortona3D』で開くことができるのでダウンロードしてきます。これを入れるとブラウザでVRMLファイルが開けるようになります。

描画した結果↓
tsubomiimg.png

スポンサーリンク
Amazon
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

jThree.jsやThree.jsでcanvasの画面をキャプチャして画像にする方法

WebGLのライブラリであるThree.jsやそのラッパーライブラリのjThree.jsでcanva

記事を読む

【Three.js/jThree.js】カメラ内部パラメータを変更して視野などを変える

jThree.jsでカメラの内部パラメータを変更するのに手間取ったのでメモ。参考にしているjThre

記事を読む

【MMD】BlenderでCyclesを利用してレンダリングしてみる

Cyclesを使ってみる BlenderのCyclesを用いてレンダリングを試してみました。Cyc

記事を読む

MMDなどの3Dモデルが閲覧・共有できるニコニ立体が面白い

いよいよニコニ立体のサービスが開始されました。色々な3D作品が既にたくさん投稿されています。

記事を読む

【MMD】初音ミクをプログラミングで動かすには

MikuMikuDanceという初音ミクをはじめとした3Dモデルを動かすことのできるフリーソフトがあ

記事を読む

【3DCG・MMD】カメラレンズによる見え方シミュレータ作成について

カメラのレンズが違うことでどのくらい出来上がる写真に差が出てくるのかを確かめることのできるシミュレー

記事を読む

【DeepLearning】物体検出手法のSSD(Keras版)を試す (Ubuntu14.04)

はやりのディープラーニングの物体検出手法の一つであるSSDのサンプルを

【Laravel5】既存のDBからデータを取得して表示する

はじめに 今まで作ったWebサイトをLaravel5で見れるようにし

【C++/OpenCV】cv::Matの画像にインパルスノイズを付加する

OpenCVで画像にノイズを付け足したいと思って調べたところ、Pyth

Intel Corei7-7700TでHTC Viveの動作確認

はじめに HTC ViveというVRヘッドセットで遊んでみたのでその

【Python】フォルダ内のカッコ付き数字ファイルを一括でリネームするスクリプト

はじめに タイトルどおりなのですが、指定フォルダ内のファイルのファイ

OpenCV3.1のTracking APIでトラッキングを試す

はじめに 先日OpenCV3.1をopencv_contrib付きで

パソコンを複数台使う際便利なツール

はじめに 先日、機械学習用にGPUを積んだBTOパソコンを購入しまし

→もっと見る

  • Author : ががんぼ
    プログラミングやWeb関係で気付いたことについてメモしていく予定。だいたいが備忘録ですが、自分でサンプルを作って動かしてみたりしています。
PAGE TOP ↑