【C言語/C++】fgetsを使ってファイルを読み込む

公開日: : 最終更新日:2014/08/14 C/C++

スポンサーリンク

fgetsで単純にファイルを読み取る

C言語、C++でfgetsを使ってファイルを読み込む方法です。
fgets関数では文字をcharの配列でファイルストリームから1行ずつ読み取ることができます。
返り値としてファイルの終わりまで読み込みが完了した時点でNULLが返ってくるのでよくwhileを使って以下のように書かれることが多いです。(たぶん)

単純なサンプル

#include<stdio.h>
#define MAX 2048
int main(void){
	FILE *fp ;
	char buf[MAX]={0};
	if((fp=fopen("test.txt","r"))!=NULL){
		/*ファイルの終わりまで繰り返し読み込む*/
		while( fgets(buf,MAX,fp) != NULL ){
			printf("%s",buf);
		}
	}
	return 0;
}
test.txt
abcdefg
あいうえお
123456
abcdefg
あいうえお
123456

fgetsの始めの引数は読み取った文字列を格納するchar配列、2つ目は読み取りの最大バイト数、3つ目がファイルポインタです。
ソースのMAXの定義は2の累乗で適当な大きな値を取りました。このサンプルはファイル(test.txt)からfgetsを使ってファイルを1行読み取り、そのままprintfで出力しています。

CSVファイルの読み取り

上では単純に文字を読み込んで吐き出すだけでしたが、実際では読み込んだのちに文字列をカンマで分割して、数値に変換するといった処理が必要になる場合があると思います。以下に単純なカンマ区切りのCSVファイルを読み込むサンプルを作成しました。

文字の分割にはstring.hのstrtok関数を、文字列から数値への変換はstdlib.hのatof関数を利用しています。

#include<stdio.h>
#include<string.h>
#include<stdlib.h>
#define MAX 2048
int main(void){
	FILE *fp ;
	char buf[MAX]={0};
	char *ary[3] ;
	double data[3]={0};
	if((fp=fopen("test.csv","r"))!=NULL){
		/*ファイルの終わりまで繰り返し読み込む*/
		while( fgets(buf,MAX,fp) != NULL ){
			/*文字列(char配列)をカンマで分割する*/
			ary[0] = strtok(buf,",");
			ary[1] = strtok(NULL,",");
			ary[2] = strtok(NULL,",");
			/*文字列(char配列)をdoubleに変換する*/
			data[0] = atof(ary[0]);
			data[1] = atof(ary[1]);
			data[2] = atof(ary[2]);
			printf("文字⇒%s : %s : %s",ary[0],ary[1],ary[2]);
			printf("数値⇒%.2f : %.2f : %.2f\n",data[0],data[1],data[2]);
			printf("----------------\n");
		}
	}
	return 0;
}
test.csv
1,2,3
1.2,5.6,3.0
-5.9,2.7,-1.0
文字⇒1 : 2 : 3
数値⇒1.00 : 2.00 : 3.00
----------------
文字⇒1.2 : 5.6 : 3.0
数値⇒1.20 : 5.60 : 3.00
----------------
文字⇒-5.9 : 2.7 : -1.0
数値⇒-5.90 : 2.70 : -1

無事にカンマで分割して、数値に変換することができました。
ただ、strtok関数は少し使い勝手がよくわからない関数なので注意が必要です。
また、数値の変換においてint型の場合では『atoi』関数を同じような要領で使うと変換することができますが、いずれの関数も数値に相当しない文字列が入っていた場合のエラー回避がないようなので気を付けて使う必要があります。
この問題を回避したい場合は戻り値がdoubleのstrtod関数を使用したほうがいいです。

最後に、CSVなどのファイルの読み込みに関しては別の方法もあります。ファイルの読み込みに関して過去に書いた記事もあるのでそちらも参考にしてみてください。

C: Control - The Money & Soul of Possibility [Blu-ray] [Import]

スポンサーリンク
Amazon
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【C言語/C++】ファイルをCSV形式でfprintfを使って保存・書き込みする

数値計算などをC言語でプログラミングするとき、その演算結果をファイルとして保存する必要性がでてくるこ

記事を読む

【C++/CLI】フォームアプリケーションでコンソール画面を出現させる

プロジェクトのプロパティを開いて「構成プロパティ」→「リンカ」→「システム」の「サブシステム」を「コ

記事を読む

【C言語/C++】int整数などの数値をchar配列の文字列に変換する

C++であればstringが使えて非常に便利ですが、C言語で文字列というと基本的にはcharの配列を

記事を読む

【C++】vectorの解放

C++STLにあるvectorは配列の要素数がわからない場合などに非常に便利ですがメモリ関係で面倒だ

記事を読む

【C言語/C++】配列をシャッフルしてランダムに入れ替える

C言語・C++で配列をシャッフルする方法 Fisher–Yatesシャッフルアルゴルズムにより配列

記事を読む

no image

【C++】既に main.obj で定義されています

error LNK2005: 既に main.obj で定義されています。 fatal error

記事を読む

OpenCVで矢印を描画する

OpenCVで矢印を描画するという関数が無いみたいだったので作りました。書いていることは参考リンク先

記事を読む

【C++】多次元ベクトルクラスを作る

3次元ベクトルクラスや2次元ベクトルクラスを作るときは内部のデータとして静的な配列を使えば問題ありま

記事を読む

【C言語/C++】関数の宣言・定義まとめ

1 関数プロトタイプ宣言・定義 1-1 プロトタイプ宣言 1-2 定義 2 ファイ

記事を読む

コンソールアプリケーションでC++/CLIの関数を使う

今時(?)なかなか使っている人がいるかどうかわかりませんが、VisualStudio(2008)で「

記事を読む

UWSCを使ったソフト自動立ち上げ【SoftEther VPN Server】

やりたいこと 最近SoftEtherという筑波大学発のベンチャー企業

【PHP】headerでContent-Typeを指定したのに効かない場合の対処法

PHPでサイトマップを作ろうと思い、XML形式のファイルを出力しようと

スマホ向け幅固定サイトの回転時の幅対応方法

幅固定サイトでのスマホ回転時Webサイトの横幅を合わせる方法のメモ。

【PHP】特定のURLからそのAtomやRSSのフィードを抽出する方法

特定のURLからRSSやATOMのフィードを抽出する方法をメモ。 流

フィード抽出ツール(RSS1.0、RSS2.0、atom)

任意URL サイト名 サイトURL RSS1.0

格安プラン限定レンタルサーバー機能比較表(2016年)

はじめに  最近新しい共用サーバーをレンタルしようと思い調査およびそ

kindle unlimitedが便利だったのでお勧めの使い方など感想メモ

 kindle unlimitedというサービスが8/3からAmazo

→もっと見る

  • Author : ががんぼ
    プログラミングやWeb関係で気付いたことについてメモしていく予定。だいたいが備忘録ですが、自分でサンプルを作って動かしてみたりしています。
PAGE TOP ↑