【C言語/C++】fgetsを使ってファイルを読み込む

公開日: : 最終更新日:2014/08/14 C/C++

スポンサーリンク

fgetsで単純にファイルを読み取る

C言語、C++でfgetsを使ってファイルを読み込む方法です。
fgets関数では文字をcharの配列でファイルストリームから1行ずつ読み取ることができます。
返り値としてファイルの終わりまで読み込みが完了した時点でNULLが返ってくるのでよくwhileを使って以下のように書かれることが多いです。(たぶん)

単純なサンプル

#include<stdio.h>
#define MAX 2048
int main(void){
	FILE *fp ;
	char buf[MAX]={0};
	if((fp=fopen("test.txt","r"))!=NULL){
		/*ファイルの終わりまで繰り返し読み込む*/
		while( fgets(buf,MAX,fp) != NULL ){
			printf("%s",buf);
		}
	}
	return 0;
}
test.txt
abcdefg
あいうえお
123456
abcdefg
あいうえお
123456

fgetsの始めの引数は読み取った文字列を格納するchar配列、2つ目は読み取りの最大バイト数、3つ目がファイルポインタです。
ソースのMAXの定義は2の累乗で適当な大きな値を取りました。このサンプルはファイル(test.txt)からfgetsを使ってファイルを1行読み取り、そのままprintfで出力しています。

CSVファイルの読み取り

上では単純に文字を読み込んで吐き出すだけでしたが、実際では読み込んだのちに文字列をカンマで分割して、数値に変換するといった処理が必要になる場合があると思います。以下に単純なカンマ区切りのCSVファイルを読み込むサンプルを作成しました。

文字の分割にはstring.hのstrtok関数を、文字列から数値への変換はstdlib.hのatof関数を利用しています。

#include<stdio.h>
#include<string.h>
#include<stdlib.h>
#define MAX 2048
int main(void){
	FILE *fp ;
	char buf[MAX]={0};
	char *ary[3] ;
	double data[3]={0};
	if((fp=fopen("test.csv","r"))!=NULL){
		/*ファイルの終わりまで繰り返し読み込む*/
		while( fgets(buf,MAX,fp) != NULL ){
			/*文字列(char配列)をカンマで分割する*/
			ary[0] = strtok(buf,",");
			ary[1] = strtok(NULL,",");
			ary[2] = strtok(NULL,",");
			/*文字列(char配列)をdoubleに変換する*/
			data[0] = atof(ary[0]);
			data[1] = atof(ary[1]);
			data[2] = atof(ary[2]);
			printf("文字⇒%s : %s : %s",ary[0],ary[1],ary[2]);
			printf("数値⇒%.2f : %.2f : %.2f\n",data[0],data[1],data[2]);
			printf("----------------\n");
		}
	}
	return 0;
}
test.csv
1,2,3
1.2,5.6,3.0
-5.9,2.7,-1.0
文字⇒1 : 2 : 3
数値⇒1.00 : 2.00 : 3.00
----------------
文字⇒1.2 : 5.6 : 3.0
数値⇒1.20 : 5.60 : 3.00
----------------
文字⇒-5.9 : 2.7 : -1.0
数値⇒-5.90 : 2.70 : -1

無事にカンマで分割して、数値に変換することができました。
ただ、strtok関数は少し使い勝手がよくわからない関数なので注意が必要です。
また、数値の変換においてint型の場合では『atoi』関数を同じような要領で使うと変換することができますが、いずれの関数も数値に相当しない文字列が入っていた場合のエラー回避がないようなので気を付けて使う必要があります。
この問題を回避したい場合は戻り値がdoubleのstrtod関数を使用したほうがいいです。

最後に、CSVなどのファイルの読み込みに関しては別の方法もあります。ファイルの読み込みに関して過去に書いた記事もあるのでそちらも参考にしてみてください。

C: Control - The Money & Soul of Possibility [Blu-ray] [Import]

スポンサーリンク
Amazon
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【C言語/C++】int整数などの数値をchar配列の文字列に変換する

C++であればstringが使えて非常に便利ですが、C言語で文字列というと基本的にはcharの配列を

記事を読む

コンソールアプリケーションでC++/CLIの関数を使う

今時(?)なかなか使っている人がいるかどうかわかりませんが、VisualStudio(2008)で「

記事を読む

【C言語/C++】ファイルをCSV形式でfprintfを使って保存・書き込みする

数値計算などをC言語でプログラミングするとき、その演算結果をファイルとして保存する必要性がでてくるこ

記事を読む

【C言語/C++】コンソールでAAアニメーション

コンソール上でAA(アスキーアート)のアニメーションをさせます。 手順としては

記事を読む

【C言語/C++】配列のまとめ

C/C++を使っていると必ず配列を使う場面が出てくると思いますが、その配列についてまとめました。C言

記事を読む

no image

【C++】文字列のcontainsメソッドによる比較

C++/CLIなどではStringのContainsメソッドが便利ですが、純粋なC++のstring

記事を読む

【C言語/C++】関数ポインタと関数オブジェクトを使ってみる

関数ポインタを使う 関数ポインタはポインタの一種で文字通り関数のポインタの事で、関数を遠隔操作でき

記事を読む

no image

【C++】既に main.obj で定義されています

error LNK2005: 既に main.obj で定義されています。 fatal error

記事を読む

【C言語】fscanfでファイルを1行ずつ読み込む

C言語のfscanfでCSV形式(単純なカンマ区切り)のファイルを読み込むサンプル。 基本的なこと

記事を読む

【C++】多次元ベクトルクラスを作る

3次元ベクトルクラスや2次元ベクトルクラスを作るときは内部のデータとして静的な配列を使えば問題ありま

記事を読む

NVIDIA DIGITSをSupervisorを使って自動起動する

はじめに 先日Ubuntu14.04にDIGITS 5をGPUなしP

【2017年度】GeForce 1080 Ti搭載BTOパソコン比較

はじめに 最近ディープラーニング用にGPUのないPCにDIGITSを

Windows用のシンプルなストップウォッチソフト紹介

Windows(10)でも使える使いやすいKAZAMITimerという

MNISTをDIGITS 5のCPUのみで試す(GPUなし)

はじめに DIGITSを使えばGUI操作で簡単にディープラーニングが

Windowsユーザが初めてMacBookを購入したときの注意点や感想

最近12インチのMacBookを購入しました。今までWindowsしか

Redmine3.2をUbuntu14.04にインストールして躓いた所についてメモ

はじめに Ubuntu14.04 ServerにRedmine3.2

UWSCを使ったソフト自動立ち上げ【SoftEther VPN Server】

やりたいこと 最近SoftEtherという筑波大学発のベンチャー企業

→もっと見る

  • Author : ががんぼ
    プログラミングやWeb関係で気付いたことについてメモしていく予定。だいたいが備忘録ですが、自分でサンプルを作って動かしてみたりしています。
PAGE TOP ↑