【C言語/C++】fgetsを使ってファイルを読み込む

公開日: : 最終更新日:2014/08/14 C/C++

スポンサーリンク

fgetsで単純にファイルを読み取る

C言語、C++でfgetsを使ってファイルを読み込む方法です。
fgets関数では文字をcharの配列でファイルストリームから1行ずつ読み取ることができます。
返り値としてファイルの終わりまで読み込みが完了した時点でNULLが返ってくるのでよくwhileを使って以下のように書かれることが多いです。(たぶん)

単純なサンプル

#include<stdio.h>
#define MAX 2048
int main(void){
	FILE *fp ;
	char buf[MAX]={0};
	if((fp=fopen("test.txt","r"))!=NULL){
		/*ファイルの終わりまで繰り返し読み込む*/
		while( fgets(buf,MAX,fp) != NULL ){
			printf("%s",buf);
		}
	}
	return 0;
}
test.txt
abcdefg
あいうえお
123456
abcdefg
あいうえお
123456

fgetsの始めの引数は読み取った文字列を格納するchar配列、2つ目は読み取りの最大バイト数、3つ目がファイルポインタです。
ソースのMAXの定義は2の累乗で適当な大きな値を取りました。このサンプルはファイル(test.txt)からfgetsを使ってファイルを1行読み取り、そのままprintfで出力しています。

CSVファイルの読み取り

上では単純に文字を読み込んで吐き出すだけでしたが、実際では読み込んだのちに文字列をカンマで分割して、数値に変換するといった処理が必要になる場合があると思います。以下に単純なカンマ区切りのCSVファイルを読み込むサンプルを作成しました。

文字の分割にはstring.hのstrtok関数を、文字列から数値への変換はstdlib.hのatof関数を利用しています。

#include<stdio.h>
#include<string.h>
#include<stdlib.h>
#define MAX 2048
int main(void){
	FILE *fp ;
	char buf[MAX]={0};
	char *ary[3] ;
	double data[3]={0};
	if((fp=fopen("test.csv","r"))!=NULL){
		/*ファイルの終わりまで繰り返し読み込む*/
		while( fgets(buf,MAX,fp) != NULL ){
			/*文字列(char配列)をカンマで分割する*/
			ary[0] = strtok(buf,",");
			ary[1] = strtok(NULL,",");
			ary[2] = strtok(NULL,",");
			/*文字列(char配列)をdoubleに変換する*/
			data[0] = atof(ary[0]);
			data[1] = atof(ary[1]);
			data[2] = atof(ary[2]);
			printf("文字⇒%s : %s : %s",ary[0],ary[1],ary[2]);
			printf("数値⇒%.2f : %.2f : %.2f\n",data[0],data[1],data[2]);
			printf("----------------\n");
		}
	}
	return 0;
}
test.csv
1,2,3
1.2,5.6,3.0
-5.9,2.7,-1.0
文字⇒1 : 2 : 3
数値⇒1.00 : 2.00 : 3.00
----------------
文字⇒1.2 : 5.6 : 3.0
数値⇒1.20 : 5.60 : 3.00
----------------
文字⇒-5.9 : 2.7 : -1.0
数値⇒-5.90 : 2.70 : -1

無事にカンマで分割して、数値に変換することができました。
ただ、strtok関数は少し使い勝手がよくわからない関数なので注意が必要です。
また、数値の変換においてint型の場合では『atoi』関数を同じような要領で使うと変換することができますが、いずれの関数も数値に相当しない文字列が入っていた場合のエラー回避がないようなので気を付けて使う必要があります。
この問題を回避したい場合は戻り値がdoubleのstrtod関数を使用したほうがいいです。

最後に、CSVなどのファイルの読み込みに関しては別の方法もあります。ファイルの読み込みに関して過去に書いた記事もあるのでそちらも参考にしてみてください。

C: Control - The Money & Soul of Possibility [Blu-ray] [Import]

スポンサーリンク
Amazon
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【C言語/C++】余りを求める剰余演算子(%)を使う

基本的なことかもしれませんが、C言語やC++などであまりを出すには剰余演算子である『%』を使います。

記事を読む

【C言語/C++】フォルダ作成を行う

C言語、C++でフォルダを作成するには『direct.h』にある『_mkdir』関数を使うことで実現

記事を読む

【C言語/C++】配列をシャッフルしてランダムに入れ替える

C言語・C++で配列をシャッフルする方法 Fisher–Yatesシャッフルアルゴルズムにより配列

記事を読む

【C言語】文字列に指定の文字列が含まれるか調べる

ある文字列に指定の文字列が含まれるかどうかを調べるにはstring.hにあるstrstr関数を使いま

記事を読む

no image

【C++】既に main.obj で定義されています

error LNK2005: 既に main.obj で定義されています。 fatal error

記事を読む

【C言語/C++】関数の宣言・定義まとめ

1 関数プロトタイプ宣言・定義 1-1 プロトタイプ宣言 1-2 定義 2 ファイ

記事を読む

【C言語/C++】コンソールでAAアニメーション

コンソール上でAA(アスキーアート)のアニメーションをさせます。 手順としては

記事を読む

【C言語/C++】関数ポインタと関数オブジェクトを使ってみる

関数ポインタを使う 関数ポインタはポインタの一種で文字通り関数のポインタの事で、関数を遠隔操作でき

記事を読む

【C言語】fopenが失敗するエラー

ファイル操作に使うfopenがどうしても失敗してしまい困っていました。既に開かれているファイルを開く

記事を読む

コンソールアプリケーションでC++/CLIの関数を使う

今時(?)なかなか使っている人がいるかどうかわかりませんが、VisualStudio(2008)で「

記事を読む

【Laravel5】既存のDBからデータを取得して表示する

はじめに 今まで作ったWebサイトをLaravel5で見れるようにし

【C++/OpenCV】cv::Matの画像にインパルスノイズを付加する

OpenCVで画像にノイズを付け足したいと思って調べたところ、Pyth

Intel Corei7-7700TでHTC Viveの動作確認

はじめに HTC ViveというVRヘッドセットで遊んでみたのでその

【Python】フォルダ内のカッコ付き数字ファイルを一括でリネームするスクリプト

はじめに タイトルどおりなのですが、指定フォルダ内のファイルのファイ

OpenCV3.1のTracking APIでトラッキングを試す

はじめに 先日OpenCV3.1をopencv_contrib付きで

パソコンを複数台使う際便利なツール

はじめに 先日、機械学習用にGPUを積んだBTOパソコンを購入しまし

OpenCV3.1をopencv_contrib付きでVisual Studio2013でビルドしてインストールする

はじめに OpenCV3.1でトラッキングがしたいと思いインストーラ

→もっと見る

  • Author : ががんぼ
    プログラミングやWeb関係で気付いたことについてメモしていく予定。だいたいが備忘録ですが、自分でサンプルを作って動かしてみたりしています。
PAGE TOP ↑