【jQuery UI】Sliderのオプション変更やイベントを取得をする方法

公開日: : JavaScript/jQuery, サイト制作

スポンサーリンク

jQuery UIを使ってスライダー(トラックバー)を作ります。その際に起こるイベントとしてスライダー作成時と開始時、移動時、終了時のものがありますがそれらについて拾ってみました。こちらで使用したjQuery UIのバージョンは1.10.4です。

スライダーの設置

まずはスライダーを設置することだけを考えます。その前にjQuery UIをダウンロードしていないかたはこちら

jQuery UI本家ページより引用

<!doctype html>
<html lang="en">
<head>
  <meta charset="utf-8">
  <title>jQuery UI Slider - Default functionality</title>
  <link rel="stylesheet" href="//code.jquery.com/ui/1.11.1/themes/smoothness/jquery-ui.css">
  <script src="//code.jquery.com/jquery-1.10.2.js"></script>
  <script src="//code.jquery.com/ui/1.11.1/jquery-ui.js"></script>
  <link rel="stylesheet" href="/resources/demos/style.css">
  <script>
  $(function() {
    $( "#slider" ).slider();
  });
  </script>
</head>
<body>
 
<div id="slider"></div>
  
</body>
</html>

jQuery UI(とjQuery)のjavascriptおよびcssのリンクは自分で設置したものに書き換えてください。「slider」のID名の付いたDIV要素にスライダーが生成されるようになっています。

この辺については本家の方をご覧になった方が有益かと思います。カラーピッカーなど色々なサンプルが用意されているので非常に参考になると思います。

プロパティやイベントの設定

とりあえずサンプルとして各イベントを作成してスライダーに変化が起きたらその値を「#slidervalue」に書き出す処理を作成しました。

javascript側

$(function() {
 $( "#slider" ).slider({
  max:255, //最大値
  min: 0, //最小値
  value: 128, //初期値
  step: 1, //幅
  //orientation: "vertical", //縦設置か横設置か

  slide: function( event, ui ) {
   $("#slidervalue").html("slider:"+ui.value);
  },
  create: function( event, ui ) {
   $("#slidervalue").html("create:"+$(this).slider( "value" ));
  },
  start: function( event, ui ){
   $("#slidervalue").html("start:"+ui.value);
  },
  stop: function( event, ui ) {
   $("#slidervalue").html("stop:"+ui.value);
  },
  change: function( event, ui ) {
   $("#slidervalue").html("change:"+ui.value);
  }
 });
 //ボタンを押したら値を100にする 
 $("#valueset").click(function(){
  $("#slider").slider("value",100);
 });
});

HTML側

<div id="slider"></div>
<div id="slidervalue"></div>

各イベントについては次のようになっています。

create : スライダー作成時
start : スライド開始時
slide : スライド時
change : スライドの値変更完了時
stop : スライド終了時

各イベントの引数は(event,ui)で、二つ目のuiオブジェクトのvalueプロパティにスライドの値が格納されています(ui.value)。ただし、createイベントについてはuiが空になっているため上記のサンプルのように自分で取得してくるしかないようです。

(※「stop」と「change」の明確な違いについては把握できませんでした。デバックしてみたところ基本的にはスライドが終了した時点でイベントが起き、「stop」→「change」の順で発生しているようでしたが、恐らくスライドしないで値を変更させてもイベントが起きるのが「change」なのだと思います)

また、主要プロパティについては以下のようになっています。

max : 最大値
min : 最小値
value : 初期値
step : ステップ幅

一応スライダーの値の取得についてはsliderメソッドの引数に”value”を入れることででき、変更についてはそれに加え第2引数に任意の値を入れることで可能です。

//スライダー値の取得
var val = $( "#slider" ).slider( "value" );
//スライダー値の変更
$( "#slider" ).slider( "value" , 100 );

スライダーの長さの指定

スライダーの長さ等についてはCSSをいじることで変更できます。

例)スライダーの長さを100pxにする

#slider{
 width: 100px;
}

デモ

上記のサンプルをそのまま設置しています。実際にいじって確認してください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

WordPressサイトのSSL対応(HTTPS化)手順のまとめ【さくらサーバー】

先週頃にこのサイトをSSL対応しましたのでその流れについてまとめておき

【Google Charts】動的にグラフを更新する方法

はじめに Webサイト上でグラフを描こうと思った場合、いくつかのJa

体重変化量計算シミュレータ【ダイエット/肥満】

ツール本体 入力 カロリー入力 1日の余剰摂取/消費カロリー

おサイフケータイ対応ストレージ32GBのSIMフリースマホまとめ【2017年秋版】

はじめに SIMフリーの格安スマホのおサイフケータイ機能付きのもので

リクルート期間限定ポイントの有効な使い道

はじめに  先日クレジットカードの見直し活動の一環でポイント還元率の

初心者がお金を貯めるための節約・財テク手法まとめ【ポイント還元・投資・税金対策】

はじめに  最近なるべく節約しようと思い、お金周りに関して色々調べて

動画講座を効率的にキャプチャして復習する方法

はじめに  最近、動画媒体の講座などをたまに視聴しています。独学だと

→もっと見る

  • Author : ががんぼ
    プログラミングやWeb関係で気付いたことについてメモしていく予定。だいたいが備忘録ですが、自分でサンプルを作って動かしてみたりしています。
PAGE TOP ↑