【PHP】file_get_contentsでリンク元などのヘッダ情報を変更する

公開日: : PHP

スポンサーリンク

file_get_contentsで他サイトの情報を読み取る際などでリンク元を明記したい場合は以下のようになります。

//ファイルA:読み取る側(別サーバー)

$uri = "http://mementoo.info/test/mailsendtest.php";
$referer = "http://example.com";
$options = array(
    'http' => array(
        'method' => "GET",
        'header' => "Referer: ".$referer
    )
);
$context = stream_context_create($options);
$html = @file_get_contents($uri);

これは当サイトとは別のサーバーから当サイトの「http://mementoo.info/test/mailsendtest.php」(現在は削除しています。)にアクセスした様子です。

stream-context-createによりヘッダ情報などを連想配列状にしたオプションを設定したストリームコンテキストを作成し、file_get_contentsの際に引数で渡すことでリファラを設定しています。

他にもAPIを使用する際、ユーザーエージェントも一緒にオプションで指定してあげるなどの使い道があるそうです(下記リンク参照)。

「mailsendtest.php」はリファラ元を取得したらメールで飛ばすだけの確認用のスクリプトです。ブラウザでの表示でもcronでの実行でも同様の結果が得られるか確認するためこのようなメール形式にしました。以下参照。

//ファイルB:読み取られる側(ttp://mementoo.info/test/mailsendtest.php)

mb_language("japanese");
mb_internal_encoding("utf-8");
 
$referer = $_SERVER["HTTP_REFERER"];

$to = "info@mementoo.info";
$subject = "referertest";
$body = "access from:".$referer;
$from = "me";
 
//メール送信
mb_send_mail($to,$subject,$body,"From:".$from);

ファイルAをブラウザで開いた場合でもcronで実行指定した場合でも送られてきたメールを確認すると指定したところのものになりました。

mailsendtest

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

WordPressサイトのSSL対応(HTTPS化)手順のまとめ【さくらサーバー】

先週頃にこのサイトをSSL対応しましたのでその流れについてまとめておき

【Google Charts】動的にグラフを更新する方法

はじめに Webサイト上でグラフを描こうと思った場合、いくつかのJa

体重変化量計算シミュレータ【ダイエット/肥満】

ツール本体 入力 カロリー入力 1日の余剰摂取/消費カロリー

おサイフケータイ対応ストレージ32GBのSIMフリースマホまとめ【2017年秋版】

はじめに SIMフリーの格安スマホのおサイフケータイ機能付きのもので

リクルート期間限定ポイントの有効な使い道

はじめに  先日クレジットカードの見直し活動の一環でポイント還元率の

初心者がお金を貯めるための節約・財テク手法まとめ【ポイント還元・投資・税金対策】

はじめに  最近なるべく節約しようと思い、お金周りに関して色々調べて

動画講座を効率的にキャプチャして復習する方法

はじめに  最近、動画媒体の講座などをたまに視聴しています。独学だと

→もっと見る

  • Author : ががんぼ
    プログラミングやWeb関係で気付いたことについてメモしていく予定。だいたいが備忘録ですが、自分でサンプルを作って動かしてみたりしています。
PAGE TOP ↑