【C++/OpenCV】cv::Matの画像にインパルスノイズを付加する

公開日: : OpenCV, 画像処理

スポンサーリンク

OpenCVで画像にノイズを付け足したいと思って調べたところ、Python版のサンプルは見つかるのですが、C++版のものは見つけられなかったので自分で作りました。Pythonだと配列操作の関係でかなり楽に作れるのですが、C++だと各画素を走査する必要があります。(たぶん)

今回のノイズは「Salt-and-pepper noise」と呼ばれるもので、画像に対してランダムに白色もしくは黒色の点のノイズを加えるものとなります。別名「インパルスノイズ」というそうです。

サンプル

ヘッダやリンクの記述は省略します。

//画像にインパルスノイズを加える関数
cv::Mat AddNoise(const cv::Mat& src){
	double amount = 0.004;	//0.4%にノイズを加える
	cv::Mat dst = src.clone();
	int width = dst.size().width;
	int height = dst.size().height;
	for (int y = 0; y < height; y++){
		cv::Vec3b *src = dst.ptr<cv::Vec3b>(y);
		for (int x = 0; x < width; x++){
			if ((double)rand() / RAND_MAX <= amount){
				src[x][0] = 255;
				src[x][1] = 255;
				src[x][2] = 255;
			}
			if ((double)rand() / RAND_MAX <= amount){
				src[x][0] = 0;
				src[x][1] = 0;
				src[x][2] = 0;
			}
		}
	}
	return dst;
}

int main(int argc, char* argv[])
{
	cv::Mat img = cv::imread("lenna.png");
	cv::Mat dst = AddNoise(img);
	cv::imshow("sample", dst);
	cv::waitKey();
	return 1;
}

途中の「amount」という変数にノイズを加える確率が設定されています。この場合は0.4%です。戻り値でノイズが付加された画像が吐き出されるようになっています。

結果

スポンサーリンク
Amazon

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ASUS TransBook T304UAをSurfaceの代わりに購入したら快適だった件

 外出先での作業用にSurfaceのような2in1パソコンが欲しいと思

コミPo!でネット広告にありそうな画像素材を作ってみた

 コミPo!という絵が描けなくても漫画が描けるというソフトがあります。

HTTP ERROR 500の原因と解決方法案

 PHPをいじっていたら「HTTP ERROR 500」に遭遇して数時

土日は株ができないので競馬で遊んでみた結果、意外にも…

 2018年初めての投稿です。最近株や投信を始めてみましたが土日は当然

WordPressサイトのSSL対応(HTTPS化)手順のまとめ【さくらサーバー】

先週頃にこのサイトをSSL対応しましたのでその流れについてまとめておき

→もっと見る

  • Author : ががんぼ
    プログラミングやWeb関係で気付いたことについてメモしていく予定。だいたいが備忘録ですが、自分でサンプルを作って動かしてみたりしています。