【C++/OpenCV】cv::Matの画像にインパルスノイズを付加する

公開日: : OpenCV, 画像処理

スポンサーリンク

OpenCVで画像にノイズを付け足したいと思って調べたところ、Python版のサンプルは見つかるのですが、C++版のものは見つけられなかったので自分で作りました。Pythonだと配列操作の関係でかなり楽に作れるのですが、C++だと各画素を走査する必要があります。(たぶん)

今回のノイズは「Salt-and-pepper noise」と呼ばれるもので、画像に対してランダムに白色もしくは黒色の点のノイズを加えるものとなります。別名「インパルスノイズ」というそうです。

サンプル

ヘッダやリンクの記述は省略します。

//画像にインパルスノイズを加える関数
cv::Mat AddNoise(const cv::Mat& src){
	double amount = 0.004;	//0.4%にノイズを加える
	cv::Mat dst = src.clone();
	int width = dst.size().width;
	int height = dst.size().height;
	for (int y = 0; y < height; y++){
		cv::Vec3b *src = dst.ptr<cv::Vec3b>(y);
		for (int x = 0; x < width; x++){
			if ((double)rand() / RAND_MAX <= amount){
				src[x][0] = 255;
				src[x][1] = 255;
				src[x][2] = 255;
			}
			if ((double)rand() / RAND_MAX <= amount){
				src[x][0] = 0;
				src[x][1] = 0;
				src[x][2] = 0;
			}
		}
	}
	return dst;
}

int main(int argc, char* argv[])
{
	cv::Mat img = cv::imread("lenna.png");
	cv::Mat dst = AddNoise(img);
	cv::imshow("sample", dst);
	cv::waitKey();
	return 1;
}

途中の「amount」という変数にノイズを加える確率が設定されています。この場合は0.4%です。戻り値でノイズが付加された画像が吐き出されるようになっています。

結果

スポンサーリンク
Amazon

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

無料のDAZ Studioに課金しまくってわかったこと

はじめに  初めにお断りしておきますがこれから書く意見はあくまで素人

[最後のレストラン]ジャンヌ「出来らあっ!」

はじめに 「スーパーくいしん坊」という漫画の有名なシーンがこちら

[日本株]特定の個別銘柄の大株主一覧をネットで見る方法

 個別株を購入する際に大株主情報をネットで検索して参考にしようと思った

[DAZ Studio]目線をカメラに向ける方法

DAZ Studioでフィギュアの目線をカメラに向ける方法についてです

[TortoiseGit]ブランチ作成とマージの方法(ローカル)

 私はGitを使うときはTortoiseGitを利用しているのですが、

→もっと見る

  • Author : ががんぼ
    プログラミングやWeb関係で気付いたことについてメモしていく予定。だいたいが備忘録ですが、自分でサンプルを作って動かしてみたりしています。