Twitterのオリジナルサイズの画像ファイル(.jpg-large,.jpg-orig等)を一括リネームする

公開日: : Twitter, 自動化

スポンサーリンク

Twitterの画像をオリジナルサイズで保存しようとするとjpg-largeやjpg-origという拡張子で保存されてしまいます。jpgだけでなくpngもその傾向にあります。(恐らく元々表示されているのはオリジナルサイズではなく、それと区別するために使われているものではないかと思います。)

Windows用ですが、バッチファイルを作ってこれらの画像ファイルと同じディレクトリで実行すれば一括でリネームするものを用意しました。

largeorg.bat

ren *.jpg-large *.jpg
ren *.jpeg-large *.jpeg
ren *.jpg-orig *.jpg
ren *.jpeg-orig *.jpeg
ren *.png-large *.png
ren *.png-orig *.png

テキストファイルを開いて上記のテキストをコピペしたのちに適当な名前を付けて.batファイルとして保存します。

下記画像はTwitterからいくつか保存してきた画像ファイルと同じフォルダに上記のバッチファイルを保存したところのものです。

この状態でバッチファイルをダブルクリック等で実行すればすべてjpgもしくはpngに拡張子を書き換えてくれます。

上記の画像でわかると思いますが、jpg-large等の拡張子を画像ビューワで開けるようにすれば閲覧することはできます。ただ、次へボタンを押しての連続した閲覧では画像ファイルと認識されずに見られないのでやはりjpgやpngにリネームした方が色々と便利です。

スポンサーリンク
Amazon

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

[Python3]Webスクレイピングで繰り返し構造のデータを取得する

Python3のBeautifulSoup4でWebスクレイピングをし

2D写真から立体視画像を作成してみた

 カメラなどで撮影した写真からデプス(距離)画像を推定する技術でステレ

ディープラーニングの単眼画像Depth推定を試す

前々から気になっていた写真から立体を推定するCNNのディープラーニン

PyCharmとAnacondaの仮想環境を連携する手順

 PyCharmはデフォルトで仮想環境はVirtualenvを使うよう

【Python】正規表現で括弧で特定の文字列を抽出する方法

Pythonの正規表現で括弧を使って文字列を抽出するサンプルを作成しま

→もっと見る

  • Author : ががんぼ
    プログラミングやWeb関係で気付いたことについてメモしていく予定。だいたいが備忘録ですが、自分でサンプルを作って動かしてみたりしています。