ASUS TransBook T304UAをSurfaceの代わりに購入したら快適だった件

公開日: : 最終更新日:2018/06/02 PC, 雑記

スポンサーリンク

 外出先での作業用にSurfaceのような2in1パソコンが欲しいと思っていたのですが、価格が高いため今まであきらめていました。Surface以外の2in1タイプのパソコンの多くはCPUスペックやメモリが大幅に不足しており、私が昔買ったCPUがAtomのものはブラウザを見るだけでも動作が遅く、ストレスがたまるレベルのものでした。しかし、最近ASUSのPCで値段が安いにもかかわらず、Surfaceに似たようなPCを購入したので紹介したいと思います。

ASUS TransBook T304UA

 TransBook T304UAがその2in1PCです。Surfaceは家電量販店でちょっと触った程度ですが、このASUSの2in1PCは見た目や表面上の使い勝手はかなりそっくりで個人的には非常に満足しています。

ASUS 2in1ノートパソコン TransBook グレー T304UA-7200
Asus
売り上げランキング: 5,030

スペック

 Surfaceの類似モデルと比較した場合、動作周波数やバッテリー駆動時間等やや劣りますが、値段(2018/05現在)と比較すれば比較的割安だと思います。ちなみにSurfaceのKJR-00014モデルは従来のメモリ4GBモデルを価格据え置きでメモリを増強したもので2018/5/1に発売されました。ですので、これまでのSurfaceの価格のイメージよりは安いと思います。(価格は上下することがあるので購入を検討する際は必ず公式サイト等で確認してください)

型名 ASUS TransBook T304UA Surface Pro KJR-00014
価格 8万円台 11万円台
CPU Corei5 2.5GHz Corei5 3.2GHz
メモリ 8GB 8GB
HDD 256GB 128GB
重さ 約830g 約770g
画面サイズ 12.6インチ 12.3インチ
バッテリー 最大約8時間 最大約12時間

ここで、良い点と良くない点をリストアップました。

良い点

・価格の割にスペックが良い
・見た目や使い勝手がSurfaceに近い

よくない点

・バッテリー持ちがSurfaceと比べてやや短い
・充電が付属のACアダプターのみ

 一番よくないのはバッテリー充電が付属の専用アダプターで行うという点で、USB TypeCポートはあるもののこれでは充電できないことです。外で使う場合はコンセント対応のモバイルバッテリーを使うという手もありです。その場合、説明書にはアダプターのスペックは入力電圧100-240V、入力周波数50/60Hz、定格出力電流2.37(45W)、定格出力電圧19Vと書いてあるのでそれに適合するものを購入すれば大丈夫だと思います。

 ちなみにSurfaceもモデルによっては一般的なスマホやタブレットで充電できる端子が使えないので購入する場合は必ず確認してください。

これが大丈夫かは確信は持てませんが、外で充電するには上記のようなACアダプター対応型モバイルバッテリーがあります。
(追記)購入して使ってみました。問題なく充電できます。

スリープ復帰時にキーボードが認識しない件

 しばらく使っていて気づいたのですが、スリープ復帰時にキーボードがうまく反応しないことがわかりました。キーボードを一度つけ外しすると動くようになるのですが、さすがに毎回それをやるのは面倒のため、次のリンク先を参考にしながら試行錯誤しました。その結果、ASUS Keyboard Lockを削除することで動くようになりました。削除をするには「ASUS Keyboard Lock – バージョン更新方法」の手順の途中までを実行すればよいです。これを実施して再起動したらスリープ復帰時でも問題なくキーボードを認識するようになりました。

まとめ

 ASUSのTransBook T304UAを購入しました。Surfaceに見た目も使い勝手も近く非常に満足しています。値段を見るとわかりますが、Surfaceを買う代わりにこれを買えば、モバイルバッテリーを買ってもおつりが出るので私は好きです。

 また、最近のニュースで2018秋にSurfaceの廉価版を販売するというニュースがありました。Surface Proほどのスペックは持ち合わせていないようですが、そこそこのスペックでOKという方はこれを待ってみてもよいのかなと思います。

スポンサーリンク
Amazon

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

[Python3]Webスクレイピングで繰り返し構造のデータを取得する

Python3のBeautifulSoup4でWebスクレイピングをし

2D写真から立体視画像を作成してみた

 カメラなどで撮影した写真からデプス(距離)画像を推定する技術でステレ

ディープラーニングの単眼画像Depth推定を試す

前々から気になっていた写真から立体を推定するCNNのディープラーニン

PyCharmとAnacondaの仮想環境を連携する手順

 PyCharmはデフォルトで仮想環境はVirtualenvを使うよう

【Python】正規表現で括弧で特定の文字列を抽出する方法

Pythonの正規表現で括弧を使って文字列を抽出するサンプルを作成しま

→もっと見る

  • Author : ががんぼ
    プログラミングやWeb関係で気付いたことについてメモしていく予定。だいたいが備忘録ですが、自分でサンプルを作って動かしてみたりしています。