【Python】正規表現で括弧で特定の文字列を抽出する方法

公開日: : Python, 正規表現

スポンサーリンク

Pythonの正規表現で括弧を使って文字列を抽出するサンプルを作成しました。調べてもパッと出てこなかったので残しておきます。バージョンは2.7です。正規表現用の標準ライブラリのreモジュールを使います。

main.py

#!/usr/bin/env python
# -*- coding: utf-8 -*-
import re

if __name__ =='__main__':
    # 正規表現で文字を抽出する(一つのみ)
    text = "image_2018-03-20.JPG"
    m = re.match(r"image_([0-9\-]+)\.JPG", text)
    print(m.group(1)) # 2018-03-20
    print(m.groups()) # ('2018-03-20')

    # 正規表現で複数パターンの文字列を同時に抽出する
    text = "image_2018-03-20.JPG"
    m = re.match(r"image_([0-9]{4})-([0-9]{2})-([0-9]{2})\.JPG", text)
    print(m.group(1)) # 2018
    print(m.group(2)) # 03
    print(m.group(3)) # 20
    print(m.groups()) # ('2018', '03', '20')

    # 正規表現で1つのパターンから複数の文字列を抽出する
    text = "交通費110円 交通費210円 交通費500円 食費800円"
    ms = re.findall(r"交通費([0-9]+)円", text)
    print(ms) # ['110', '210', '500']
2018-03-20
(‘2018-03-20’,)
2018
03
20
(‘2018′, ’03’, ’20’)
[‘110’, ‘210’, ‘500’]

結果はコード内のコメントと結果欄に書いておきました。上記コードはコピペして保存すれば適切な環境で動かすことができます。

スポンサーリンク
Amazon

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

[Python3]Webスクレイピングで繰り返し構造のデータを取得する

Python3のBeautifulSoup4でWebスクレイピングをし

2D写真から立体視画像を作成してみた

 カメラなどで撮影した写真からデプス(距離)画像を推定する技術でステレ

ディープラーニングの単眼画像Depth推定を試す

前々から気になっていた写真から立体を推定するCNNのディープラーニン

PyCharmとAnacondaの仮想環境を連携する手順

 PyCharmはデフォルトで仮想環境はVirtualenvを使うよう

【Python】正規表現で括弧で特定の文字列を抽出する方法

Pythonの正規表現で括弧を使って文字列を抽出するサンプルを作成しま

→もっと見る

  • Author : ががんぼ
    プログラミングやWeb関係で気付いたことについてメモしていく予定。だいたいが備忘録ですが、自分でサンプルを作って動かしてみたりしています。