PyCharmとAnacondaの仮想環境を連携する手順

公開日: : OpenCV, Python

スポンサーリンク

 PyCharmはデフォルトで仮想環境はVirtualenvを使うようになっているようですが、私はよくAnacondaを使うのでそちらの仮想環境と連携させるようにしました。あまり難しい手順ではないですが手順を残しておきます。PyCharmのバージョンは2018.1、Anacondaのバージョンは4.4です。

新規作成プロジェクトの場合

 新規作成の時に「Project Interpreter」の項目の「Existing interpreter」であらかじめ作成しておいたAnacondaの任意の仮想環境のpython.exeのパスを指定します。

画像はAnacondaで作成した「py27」という仮想環境を指定しています。

作成済みプロジェクトの場合

 既に作成済みのプロジェクトとAnacondaの仮想環境を紐づけるには「File>Settings」の「Project: [プロジェクト名]>Project Interpreter」の「Project Interpreter」を変更してあげます。そこであらかじめ作成しておいたAnacondaの仮想環境のpython.exeを指定します。この場合は「py27」という仮想環境のパスを指定しています。

動作確認

 Anacondaの仮想環境(py27)でOpenCVをインストールして画像読み込みするサンプルを動かします。一般的にはOpenCVのモジュール「cv2」ははじめからインストールはされていないため、これが動けば無事仮想環境が適用されていることになります。

まずはAnacondaの仮想環境を立ち上げてOpenCVのモジュールをpipでインストールします。

pip install opencv-python

そしてPyCharm側では以下のようなサンプルプログラムを作成します。読み込み用の画像ファイル(sample.jpg)をプロジェクトフォルダに用意しておきます。

main.py

import cv2

if __name__ =='__main__':
    img = cv2.imread("sample.jpg")
    cv2.imshow("test",img)
    cv2.waitKey(0)
    cv2.destroyAllWindows()

あとはプログラムを実行するだけです。エディタ上のファイルの場所を右クリックして「Run ‘[ファイル名]’」を押すと動きます。

無事指定した画像ファイルが表示されれば無事Anacondaの仮想環境と連携が取れています。

スポンサーリンク
Amazon

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

[DAZ Studio]目線をカメラに向ける方法

DAZ Studioでフィギュアの目線をカメラに向ける方法についてです

[TortoiseGit]ブランチ作成とマージの方法(ローカル)

 私はGitを使うときはTortoiseGitを利用しているのですが、

[DAZ Studio]背景がぼけているCG絵を作成する方法(カメラぼけ)

 DAZ Studioで作成されたCGを見ていると背景がぼけている作品

[DAZ Studio]HDRIで背景&光源を設定する方法

 リアリティのあるCGを作成するにはリアルな背景も重要になってきます。

[DAZ Studio]フィギュアの眉毛を修正する

フィギュアによってはデフォルトで眉毛付きのものもあると思いますが、中に

→もっと見る

  • Author : ががんぼ
    プログラミングやWeb関係で気付いたことについてメモしていく予定。だいたいが備忘録ですが、自分でサンプルを作って動かしてみたりしています。