[Blender]Cyclesレンダーでガラスのような3D文字を作る

公開日: : 3DCG, Blender

スポンサーリンク

 BlenderのCyclesレンダーを使ってガラスのような3D文字を作ってロゴにしようとしたのでつくり方の概要を載せておきます。基本的に先達の教えに沿った形ですので詳細はリンクの紹介にとどめておきます。

Blender

今回はBlender2.79を使いました。

手順

3D文字作成

Blenderの機能(テキストオブジェクト)で3D文字を作成することができます。日本語を入力するには日本語対応のフォントを指定する必要があります。今回自分は「ふんわりラウンド」というフリーフォントを使わせていただきました。(商用利用可)

0.2ほど押し出すことで立体感が出ます。

文字分割

各文字で色を変えたいため文字を分割して別々のオブジェクトにします。「編集モード」にしたのちに「陰面処理」をクリックしてbを押しながらドラッグでそれぞれの文字を選択します。

そのままpを押して「選択物」を選択すると選んだものが1つのオブジェクトとして分離します。それぞれの文字を全部分離すると以下のようになります。

ガラスのようなマテリアル設定

ガラスのようなきれいな文字を作りたいのでそのようなマテリアルの設定をします。その前に右上のレンダリング方式を「Cyclesレンダー」に変更します。これはマテリアルなどの項目がレンダリングエンジンによって異なるためで、変更しないまま進めるともう一度設定しないといけなくなります。

 また、ガラスの設定はマテリアルを「グラスBSDF」というずばりそのものに設定するとガラスのようになります。

それぞれの文字で色を設定した結果がこちらになります。

ライトをSUNにしてみたり、適当に床としてPlaneを設置して白地バックにしてみたりしてレンダリングしました。

IBLを試す

 これでも十分きれいに見えますが、IBL(Image Based Lighting)と呼ばれる手法を用いて360°の背景画像(HDRI画像)から光源をとることでリアルさが増します。実際の写真(もしくはCGなど)を光源とするため非常に臨場感のある絵を作成することができます。

背景画像を回転させたい場合はテクスチャの角度設定をいじってください。例えば90°回転させたい場合は上図のようになります。

 また、IBLに使われるHDRI画像(背景画像)はDeviantArtといったアートオンラインコミュニティサイトで配布されている方もいるためチェックしてみてください。

以上を踏まえて作成したものが以下のものになります。

背景を光源として対象物体文字も夕焼けに照らされているような臨場感のある絵ができました。

まとめ

 BlenderのCyclesレンダーでIBLを使ってロゴっぽい画像を作りました。ただ、背景画像がこれでいいのかといったことや床に適当に白いPlaneを置いたのはいいのかなどロゴとしてはまだ調整の余地があるように見えます。この辺は個人の味付け(センス)になるのではないかと思います。

スポンサーリンク
Amazon

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

無料のDAZ Studioに課金しまくってわかったこと

はじめに  初めにお断りしておきますがこれから書く意見はあくまで素人

[最後のレストラン]ジャンヌ「出来らあっ!」

はじめに 「スーパーくいしん坊」という漫画の有名なシーンがこちら

[日本株]特定の個別銘柄の大株主一覧をネットで見る方法

 個別株を購入する際に大株主情報をネットで検索して参考にしようと思った

[DAZ Studio]目線をカメラに向ける方法

DAZ Studioでフィギュアの目線をカメラに向ける方法についてです

[TortoiseGit]ブランチ作成とマージの方法(ローカル)

 私はGitを使うときはTortoiseGitを利用しているのですが、

→もっと見る

  • Author : ががんぼ
    プログラミングやWeb関係で気付いたことについてメモしていく予定。だいたいが備忘録ですが、自分でサンプルを作って動かしてみたりしています。