[DAZ Studio]服にShaderを適用して色・質感を変える方法

公開日: : 3DCG, DAZ Studio

スポンサーリンク

DAZ StudioでShaderという属性のアイテムがあると思いますが、その使い道がやっとわかったのでメモしておきます。

DAZ Studioバージョン

DAZ Studio 4.10 Pro

Shaderとは

 そもそもShaderとはざっくり言えばオブジェクトの表面情報(マテリアルや色、テクスチャ)をもとに画面にどのようにレンダリングするかを計算するスクリプトです。
 DAZではマテリアルとシェーダーは非常に似た関係にあり、それらの厳密な違いは私もわかりませんが、マテリアルは特定のアイテムに適用可能で、シェーダーは汎用的に色々なアイテムに適用可能ということです。

Shaderの適用手順

まずは適当に人を配置して「Chiffon Slip Dress」という服を着せます。この辺の説明は省略します。適当なポーズや背景を設定して以下のようにしました。服はデフォルトの状態です。

そして、シェーダーを適用したい服を選択してSurfaceタブのEditorを開きます。そこでシェーダーを適用したい服を選択します。

そしたら、Presetsタブを開いてShadersの項目から好きなShaderを選びます。

すると以下のように変更されます。

別のものだとこんな感じになります。

以上で終了です。シェーダーは最初からいくつかあるようですが、ストアから入手することもできます。例えば、以下のアイテムのシェーダーは衣類特有の布の柔らかな感じがうまく再現されており、非常に自然な絵が作ることができます。

まとめ

 DAZで衣服のシェーダーを変更しました。衣服用のいい感じのシェーダーはストアで販売されているので確認してみてください。

スポンサーリンク
Amazon

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

[DAZ Studio]目線をカメラに向ける方法

DAZ Studioでフィギュアの目線をカメラに向ける方法についてです

[TortoiseGit]ブランチ作成とマージの方法(ローカル)

 私はGitを使うときはTortoiseGitを利用しているのですが、

[DAZ Studio]背景がぼけているCG絵を作成する方法(カメラぼけ)

 DAZ Studioで作成されたCGを見ていると背景がぼけている作品

[DAZ Studio]HDRIで背景&光源を設定する方法

 リアリティのあるCGを作成するにはリアルな背景も重要になってきます。

[DAZ Studio]フィギュアの眉毛を修正する

フィギュアによってはデフォルトで眉毛付きのものもあると思いますが、中に

→もっと見る

  • Author : ががんぼ
    プログラミングやWeb関係で気付いたことについてメモしていく予定。だいたいが備忘録ですが、自分でサンプルを作って動かしてみたりしています。