Git

[TortoiseGit]ブランチ作成とマージの方法(ローカル)

投稿日:

スポンサードリンク

 私はGitを使うときはTortoiseGitを利用しているのですが、初めてブランチやマージをしようとしてなかなかうまくいかなかったのでやり方を記録しておきます。Webで調べてもあまりTortoiseGitを使っている人が少ない?ため情報が少なくて非常に困っていました。
今回はローカル内で完結する作業までを実施しました。

リポジトリの作成&初期データの作成

 まずリポジトリを作成してtest.txtというファイルを作成しました。中身は適当なことを書いて保存して追加ののちにコミットしました。

作業ディレクトリはこんな感じになります。

ブランチ

ブランチの作成

 作業ディレクトリ内で右クリックをしてTortoiseGitからCreate Branchを選びます。

ブランチ名を記入してOKします。今回はbranch1という名前を付けてmasterからブランチを作成しました。

ブランチの移動

 ブランチを作成しても現在はmasterブランチにチェックアウトしている状態となります。Switch/Checkoutで新たに作成したbranch1ブランチをチェックアウトします。(先ほどのダイアログで「Switch to new branch」にチェックを入れていればすでにbranch1にチェックアウトできていると思います。

Switch ToのBranchをbranch1に変更してOKします。作業ディレクトリ内で右クリックするとコミット先がmasterからbranch1にかわっているのがわかると思います。

ブランチのコミット

 試しにブランチで作業をしてコミットします。先ほどのtest.txtを適当に編集してbranch1でコミットします。改行して「branch1」という文章を付け加えました。

マージ

 マージ先のブランチに一旦チェックアウトする必要があります。今回はbranch1ブランチをmasterブランチにマージしたいのでまずはmasterブランチに「Switch/Checkout」で移動します。

このときtest.txtはbranch1での編集前の状態になっていると思います。
そして、作業ディレクトリで右クリックしてMergeを選択します。

Fromという箇所に先ほどのブランチを選択してOKを押します。

するとマージが完了します。試しにtest.txtを見てみるとbranch1での変更が反映されていると思います。

ブランチの削除

 Show Logなどでこれまでの記録を表示します。ブランチの個所で右クリックすると先ほどのブランチを消せるコマンドがあるのでそこから削除できます。削除方法はいくつか方法があるようなのでこの限りではありません。

まとめ

 TortoiseGitでブランチを作成してそこで作業したのちにmasterブランチにマージしました。さらに役目の終えたブランチを削除しました。

スポンサードリンク

-Git

Copyright© めめんと , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.