Web関連 WordPress

[WordPress]URL設定を変更してしまってログインできなくなってしまった時の対処法

投稿日:

スポンサードリンク

はじめに

 最近間違えてURL設定をいじくってしまいログインすらできなくなってしまったのでその対処法を記しておきます。一時的でしたが肝を冷やしたので参考になれば幸いです。

現象

 トップページのURL設定を変更したくてWordPressアドレスを「https://mementoo.info」に書き換えて更新したところ管理者ページが404判定されて見られなくなってしまいました。他のページもうまく表示されずじまいでこれは大変だと思いました。

あわてて調べてみるとよくあるミスの一つらしくてWordPress管理者はこれをやってはいけないというものの一つみたいです。
そもそもログインすらできなくなったのでSSH(FTP)ソフトやデータベース(phpMyAdminなど)から何とかするしかないです。

wp_config.php設定

SSHで入ってWordPressのあるディレクトリの「wp_config.php」をうまいこと編集します。これはDB接続などのサイトの基本情報を表すPHPファイルです。

ここの末尾に元のサイト情報を入力します。(変更する前に一応ファイルのバックアップは取っておいてください)

define('WP_SITEURL','https://mementoo.info/archives');
define("RELOCATE",true);

これで再度アクセスしてみて問題無ければめでたしめでたしです。

データベース設定

データベースの「wp_options」というテーブルのURL名を直接修正します。phpMyAdminにログインして該当するテーブルを探して編集して下さい。実際のテーブル名には文頭に「wp_~」の文字がついているのでちょっとややこしいかもしれません。

無事見つけたら編集して再度アクセスできれば無事解決です。

プラグイン設定

 ここまででもログインできなければプラグインが悪さをしている可能性があります。私の場合では「SiteGuard」というセキュリティ向上プラグインを入れていたのですが、それが問題を引き起こしていました。普段はログイン画面に文字認証や画像認証などを入れられる優れものなのですが、このときに限ってはそれが良くなかったようです。

対処法は極めて簡単でSSHから該当するプラグインのフォルダ名を変えて無理やり使えなくするだけです。
WordPressのディレクトリから「wp-content」>「plugins」に移動してその中の「siteguard」のディレクトリ名を適当に変更します。今回は「siteguard00」としました。

この段階で一般的なログインURLからログインすることができるようになりました。
しかし、SiteGuardは設定がおかしなことになって無効化しているので、ディレクトリ名を戻した上でさらにプラグインを有効にし直してください。するとSiteGuardの機能が有効化されて認証付きのログインURLページが再発行されますので今後はそこからログインしてください。

終わりに

WordPressに限った話ではないですが、カスタマイズにはトラブルがつきものなのでこんなときこそ慌てずに対処したいです。

スポンサードリンク

-Web関連, WordPress

Copyright© めめんと , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.