3DCG DAZ Studio

[DAZ Studio]dForceで布シミュレーションを試す方法

更新日:

スポンサードリンク

はじめに

dForceで布のシミュレーションをやってみたので備忘録としてやり方を載せておきます。本当に最小単位の内容で実験してみましたので中身はシンプルです。

管理人
dForceって何?

dForceはDaz Studio 4.10に含まれている物理シミュレーションエンジンです。今後適用範囲や機能の拡大はあり得ますが、今は布のシミュレーションができます。
https://www.daz3d.com/forums/discussion/203081/dforce-start-here#latest

公式のプロモーション動画にリアルな布のシミュレーションをしたアニメーションが紹介されていました。イメージをつかむにはこれが一番わかりやすいと思います。

なお、dForceを適用するにはそれに対応した布(服)を選ぶ必要があります。公式サイトに一覧になっていますが、各アセットの名前に大抵「dForce」と書いてあるのでそれで簡単に見分けることができます。(※dForce未対応でも途中の「Add dForce Modifier: Dynamic Surface」で対応できるみたいです)

今回は対象はただのパンツを地面(というかイス)に落としてちゃんとシミュレーションができるか見ました。

DAZ Studioのバージョンは4.10 Proです

条件設定

パンツとイスを配置しました。こんな感じになります。あまりパンツだけを設置というのはなかなか無いと思うのでちょっとシュールな絵となっています。

シミュレーションの意図はパンツがひらひらと落下してイスに引っかかるというのをイメージしています。この辺の配置の方法は周知のものと思われますので省略します。

パンツは恐らくなんでもOK(dForce対応ならなおよし)で、イスはなんでもいいです。しかし、床に何もない場合はシミュレーションの時間中ずっと落下ししてしまいますので板でもなんでもいいので設置してください。

シミュレーション設定方法

下の画像のようにまずは「Simulation Settings」のタブを開きます。対象の服を選択した状態で「Simulate」ボタンの右側のメニューみたいなボタンを押します。

するとメニュー一覧が出るので「dForce」>「Add dForce Modifier: Dynamic Surface」を選択します。(※ここはデフォルトでdForce対応の服を選択している場合不要です)

その後、青い「Simulate」ボタンをクリックするとシミュレーションがはじまります。

結果

シミュレーションを開始するとじわじわとパンツが落下していき、イスに当たったところでしなってそのまま引っかかります。

ここで落下しない場合一度「dForce」>「Remove dForce Modifier」をして再度「dForce」>「Add dForce Modifier: Dynamic Surface」をするとうまくいく場合があります。今回はそれで実施しました。

適当にライトをあててレンダリングするとこんな感じになります。いろいろなアングルから撮影しました。

うまくシミュレーションできました。

まとめ

DAZ StudioのdForceのシミュレーションを行いました。まだお試しレベルの超簡単な内容なので次は人に着せた服で実施したいと思います。

→次「[DAZ Studio]dForceの布シミュレーションで服を体にフィットさせる方法

参考

スポンサードリンク

-3DCG, DAZ Studio

Copyright© めめんと , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.