ふるさと納税 財テク

ふるさと納税で返礼品に加えて3%以上のポイントを還元する方法

投稿日:

スポンサードリンク

はじめに

先日大阪の泉佐野市がAmazonギフト券をキャンペーン的にラインナップに加えるというニュースでふるさと納税が何かと話題となりました。このキャンペーンが良いか悪いかは置いておいてかくいう私もふるさと納税は毎年実施しています。

ふるさと納税は2000円払えば参加でき、納税額に応じて各地方自治体から返礼品がもらえるという制度です。返礼品にはお肉や果物などの食べ物系からパソコンやディスプレイなどの電化製品までいろいろなラインナップがあります。そして、ふるさと納税をした翌年に年間の所得に応じて住民税・所得税が減額されるされるため実質はじめの2000円で色々もらえちゃうというお得な制度です。納税額は自分の所得に応じて変わってくるので気になる方は一度計算してみることをお勧めします。

これだけでもお得感満載ですが、さらにポイントの3重取りで還元ができる方法についてご紹介します。

還元方法

3つ紹介します。それぞれ1%以上のポイント還元で合わせて3%以上のポイント還元が狙えます。

ポータルサイトからの還元

これはふるさと納税を斡旋しているサイトからのポイント還元です。サイトによりますが今は「ふるなび」というサイトで1%のAmazonギフト券還元を実施しています。これは時期によってキャンペーンで3%に増えることがあるのでその時期を狙って納税するとさらにお得になります。

ちなみに今は2019/2/28まで3%ポイント還元を実施しています。

その他にも「楽天ふるさと納税」では楽天スーパーポイントとして1%還元されます。

クレジット支払いポイント還元

ふるさと納税のサイトによってはクレジットカードで支払いすることができます。高還元のクレジットカードであれば1%以上ポイントとして戻ってくるのでこれを逃さない手は無いと思います。最近はほとんどクレジットカード払いに対応しているサイトばかりですが、必ずしもそうとは限らないためあらかじめ確認しておいてください。

クレジットは必ず寄付者本人の名義のものを使用してください。

1%以上のポイント還元だと楽天カードやYJカード、オリコカードなどが該当します。いずれも無料で作れるのでお勧めです。

ポイントサイト還元

3つ目はポイントサイトを経由するという方法です。これは意外と見落とされがちだと思いますが、だいたい1%以上のポイント還元が期待できるので非常におすすめです。ただし、サイトによって還元率が異なるので場合によっては1%にならない場合があります。

管理人
ここで1%切ったら3%にならないじゃん!?

申し訳ないですがその通りですね。極力1%以上のところを狙っていってください。キャンペーンで還元率がアップする場合もあるのでそこも狙っていけば大丈夫です。

ふるさと納税に対応しているポイントサイトには以下のようなものがあります。複数のサイトから2重どりみたいなことはできないようになっているのでどれかのサイトを登録しておけばよいです。

また、ポイントサイト以外でも自己アフィリエイトという方法がありますが、これらのサイト経由の還元は先ほどのものと含めて1つのサイトからに限るような作りになっているのでどちらかにしてください。しかし、こちらのほうが意外と還元率いい場合があるので気になる方はチェックしてみてください。

ただし、このA8.netの場合では登録するときいちいちプログラムに提携申請して承認を得るまで待つ必要があるのでちょっと面倒です。

注意点

ふるさと納税にはワンストップ特例制度というものがありますが、確定申告をする場合はこの制度は使えないのでご注意ください。

納税に関しては以前記事を書いたのでそちらも参考にしてください。

おすすめの返礼品

個人的には水などの飲料系をお勧めしたいです。理由は普段から必ず飲むものなので絶対無駄にならないからです。(普段飲まないものは避けています)

一方、肉や海産物などで贅沢品という選択肢もありますが、私は財テク重視のため無駄にならないようなものを選ぶべきだと思っています。

それゆえ、水の他にも電化製品など必要なものがあればそちらを選ぶべきだと思います。

終わりに

いくつか紹介しましたが、私はAmazonギフト券が還元されるふるなびを利用しています。今年もそれでいこうと思っています。

スポンサードリンク

-ふるさと納税, 財テク

Copyright© めめんと , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.