3DCG DAZ Studio

[DAZ Studio 4.10]メガネが反射で白くなるのを弱める

投稿日:

スポンサードリンク

はじめに

 フィギュアにメガネを付けてレンダリングすると光源の位置や角度によって反射でメガネが真っ白になってしまうときがありました。極めて簡単ですが、SurfaceのCutout Opacityを限りなく低くするもしくは0にすると結構きれいに見えます。

現象と対策

今回以下のメガネを使いました。


Young Minto and dForce Minto Outfit for Genesis 8 Female(s)

Young Mintoというフィギュアに加えてメガネや服もついているセットです。メガネは何種類かあり、クオリティも割とよいので気に入っています。

上記のフィギュアでなく別のフィギュアにですが、このメガネの「Minto Glasses B」を付けてレンダリングしてみたところこんな感じになりました。


Lyra HD for Genesis 8 Female

結構ガラスが光の反射で白く光ってしまい目が見えなくなってしまっています。
メガネを選択してSurfaceのGlasses_LensのCutout Opacityという透明度を小さい値に設定します。今回0.05にしました。このメガネのレンズ部分は「Glasses_Lens」という名前でしたが、ほかのメガネに関しても大抵Lens的な名前のパーツを選ぶとよいです。

再びレンダリングすると光の反射が消えました。

おわりに

メガネのレンズの透明度のパラメータを調整することで過度な反射を消すことができました。
このようにSurfaceの各パーツの透明度を調整して消したり、そのほかにもパーツごとにいろいろなマテリアルをあてたりというのは結構便利ということに最近気づきました。

スポンサードリンク

-3DCG, DAZ Studio

Copyright© めめんと , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.