3DCG Android DAZ Studio iphone/ipad ソフト

[DAZ Studio 4.11+Beauty Plus]CGと写真加工アプリの組み合わせでお手軽に綺麗な画像を作る

投稿日:

スポンサードリンク

はじめに

DAZ Studioでどうやったらきれいな絵ができるのか一つ試行錯誤してみました。今回取り組んだ内容はCGのフィギュアや光源の配置などの3DCGの分野ではなく、後処理の画像処理の部分です。具体的に言うと自撮り用などでよく使われる写真を盛れるスマホのアプリを使ってCGの被写体を盛ってみたら面白いんじゃないかというものです。

DAZ Studioで作成したCG画像に対して「Beauty Plus」という画像加工アプリを使って被写体の女性を盛ってみました。

アプリインストール

スマホの方は検索してインストールしていただければと思いますが、パソコンの場合は仮想環境を用意する必要があります。自分はNox PlayerというAndroidエミュレータソフトを使いました。これ以外にもVirtual BoxにAndroidのISOイメージを読ませるという方法もありますが、かなり動作が重くフラストレーションがたまるので動作の軽いNoxのほうがおすすめです。

画像加工

画像を読み込ませてガンガン修正していきます。使用する画像は前回の「NFCタグ+IFTTTでスマートホーム生活を充実させる」のサムネのために作成したスマホをかざす女性の画像です。

下のバーの「美顔修正」や「メイク」、「フィルター」、「スタンプ」を駆使していきます。「フィルター」では画像の全体の色合いを調整できます。この辺は適当に遊びながら色々試してみてください。自分は肌の調整やアイメイクなどいくつか試しました。

出来栄えはこんな感じになりました。口元のしわもきれいに消えて結構いい感じになったのではないかと思います。また、今回の画像では使っていませんが、このアプリのいいところは顔を細部まで自動認識して輪郭やらサイズやらを補正できるという点です。

こんな感じで顔を認識しています。鼻や頬をうまく区別しています。実際のところはわかりませんが、これくらい高精度に認識しているものだとルールベース手法ではなく、ディープラーニングをベースにしたAIを活用しているのではないかなと思います。

サンプル

いくつかの画像で試してみました。

自宅に着いたらスマホ(Android)のWiFi接続を検知して自動で家電や音楽をつける」のサムネ画像です。

[Windows10]Google Homeに音楽(mp3)を連続再生させる」のサムネ画像です。

無料のDAZ Studioに課金しまくってわかったこと」で作成した画像です。

まとめ

画像加工アプリのBeautyPlusを使ってDAZ Studioで作成したCG画像を盛ってみました。個人的にはCGっぽさをうまく誤魔化しつつ、画像を綺麗にすることができていて良いと思いました。

スポンサードリンク

-3DCG, Android, DAZ Studio, iphone/ipad, ソフト

Copyright© めめんと , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.