【C++】文字列のcontainsメソッドによる比較

公開日: : 最終更新日:2014/08/14 C/C++

スポンサーリンク

C++/CLIなどではStringのContainsメソッドが便利ですが、純粋なC++のstringにはこういったものは存在しないようです。

なのでこういった場合は、かわりにfindメソッドが使えます。stringのfindメソッドは文字列を引数としてそれがどの位置に含まれるのかをstd::string::size_typeで返すものとなっています。

含まれないときは『std::string::npos』
と同等となります

なのでこんな感じでできるようになります。

bool contains(const std::string& str1,const std::string& str2)
{
	std::string::size_type pos = str1.find(str2);
	if(pos==std::string::npos)
	{
		return false;
	}
	return true;
}
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

WordPressサイトのSSL対応(HTTPS化)手順のまとめ【さくらサーバー】

先週頃にこのサイトをSSL対応しましたのでその流れについてまとめておき

【Google Charts】動的にグラフを更新する方法

はじめに Webサイト上でグラフを描こうと思った場合、いくつかのJa

体重変化量計算シミュレータ【ダイエット/肥満】

ツール本体 入力 カロリー入力 1日の余剰摂取/消費カロリー

おサイフケータイ対応ストレージ32GBのSIMフリースマホまとめ【2017年秋版】

はじめに SIMフリーの格安スマホのおサイフケータイ機能付きのもので

リクルート期間限定ポイントの有効な使い道

はじめに  先日クレジットカードの見直し活動の一環でポイント還元率の

初心者がお金を貯めるための節約・財テク手法まとめ【ポイント還元・投資・税金対策】

はじめに  最近なるべく節約しようと思い、お金周りに関して色々調べて

動画講座を効率的にキャプチャして復習する方法

はじめに  最近、動画媒体の講座などをたまに視聴しています。独学だと

→もっと見る

  • Author : ががんぼ
    プログラミングやWeb関係で気付いたことについてメモしていく予定。だいたいが備忘録ですが、自分でサンプルを作って動かしてみたりしています。
PAGE TOP ↑