GIMP2

GIMP2でグラフカットのような背景抽出(前景抽出)を行う

更新日:

スポンサードリンク

GIMP2にもグラフカットのような機能がないのか…?と思っていたのですがそれに該当するようなものがありました。灯台下暗しといいますがツールボックスに堂々とアイコンまであります。【前景抽出選択】という名前のようです。

前景抽出選択

この機能のアルゴリズムがグラフカットかどうかというのは定かではありませんが使ってみました。ちなみにこれと同じことのできるWebアプリにClippingMagicというのがあるので、そちらも見てみるのもいいかと思います。使いやすさではClippingMagicの方が上だと思います。

前景抽出方法

やることはいたって簡単でグラフカット(と一緒)です。
元画像
まずは元画像を用意します。これはこちらから拝借いたしました。
植物/フラワー/花の無料フリー写真素材(http://stockphoto.bex.jp/plant/128/)

今回はこの画像の花の部分を抽出したいと思います。
ツールボックスの『前景抽出』ボタンを押した後に対象の周りに線を引きます。失敗したらEscapeキーか何かでリセットしてください。

対象の周りを囲う
無事始点と終点が合うと以下のように線で囲った外側が青っぽくなります。

対象の周りを囲った後
そうするとカーソルが太文字状態になるので対象物体内部をまんべんなく縫ってください。全部でなくて内部の色が一通り塗りつぶされていれば良さそうです。

対象内部を指定
塗りつぶし終わってクリック状態を離すと分離処理が行われます。青い部分が背景、それ以外が通常の色が前景です。思ったような時と違う場合は上塗りできるのでうまくいくまで繰り返してください。
今回は一発で完了しました。

前景を抽出
最後にこれで完成!と思ったらエンターキーを押してください。そうすると花(前景)部分が選択状態になるはずです。下の画像は選択範囲を反転して背景を取り除いた画像です。

抽出完了
どうでしょうか。結構綺麗にできています。

まとめ

GIMP2でグラフカット(のような)処理を簡単に行えることがわかりました。
画像でキャラクターだけ取り出したいといったときなど非常に重宝すると思いますのでぜひ活用してみてください。

スポンサードリンク

-GIMP2

Copyright© めめんと , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.