GIMP2

【GIMP2】グロー効果で画像を綺麗にする

更新日:

スポンサードリンク

グロー効果とは物体の色を発光しているように見せることのできる技法のひとつです、こちらのページを参考にさせていただきながら、GIMPを使ってこのグロー効果を試してみました。

今回使う元画像はこれです

画像処理といえばこの人というくらい有名なレナさんです。顔しか映ってませんがほんとは全裸画像です。

グロー効果手順

手順としては

①画像を複製
②複製した画像に対して
1.色レベルを補正する
2.ぼかしフィルタを入れる
3.レイヤーモードを「スクリーン」にする

だいたい4ステップくらいで完成します。それぞれについて見ていきます。

画像の用意

グロー効果をかけたい画像を用意したら、GIMPで開きます。そして、
『レイヤー、チャンネル、パス…』ウィンドウを開いてください。
見当たらない方は『ウィンドウ(W)』→『最近閉じたドック(R)』にあるんじゃないかと思います。

そのウィンドウから画像を複製します。
『レイヤー』の画面から複製ボタンを押すことで複製されたレイヤーができます。

色レベルの補正

そしたら複製した画像に対して色レベルの補正を行います。『色(C)』→『レベル(L)』を押してください。すると色レベルの調
というダイアログが出てくるので『入力レベルの左側を200(くらい)にしてください。そうすることで輝度値(画素の明るさ)
を暗くなります。

ぼかしフィルタを入れる

次に今の画像にぼかしをいれます。『フィルタ(R)』→『ぼかし(B)』→『ガウシアンぼかし(G)』を選択してください。すると下の
ような画面が出てくるのでぼかし半径を指定してOKを押しましょう。

ぼかし半径は好きな値で構いません。大きくすると出来上がりのもやっとした度合いが大きくなります。

レイヤーモードをスクリーンにする

最後にレイヤーモードをスクリーンにしたら完成です。

結果画像
元画像

元画像と比べてちょっとほわっとした感じになったと思います。このグロー効果ですが、どちらかというとアニメ絵に効果抜群ら
しいのでそっちでばんばん試してください。

『ピクシブ百科事典 グロー効果』
http://dic.pixiv.net/a/グロー効果

『画像サンプル「レナ」の正体は「PLAYBOY」誌の最多販売部数を記録したプレイメイト』
http://gigazine.net/news/20090618_lenna/

 

スポンサードリンク

-GIMP2

Copyright© めめんと , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.