Web関連 関連記事等

関連記事を表示させるブログパーツOutbrainの導入方法

更新日:

スポンサードリンク

関連記事を表示させるブログパーツOutbrainの紹介です。

このOutbrainの長所は細かい設定が可能ということです。他の関連記事表示パーツのLinkwithinは関連記事の内容によっては画像だったりテキストだったりと気まぐれな感じですが、それとは違ってリンクをテキストにするか画像にするかちゃんと指定することができます。

そして、もちろん、このパーツはWordPressだけでなくどのブログにも使えます。

ただし、LinkWithinは導入がえらい簡単なのでそっちで構わないという方はそちらを検討してみてください。

また、『Zenback』という関連記事紹介パーツは読み込みに若干時間がかかりますが、導入も簡単で画像もうまく表示してくれるのでこちらも検討してもよいと思います。さらに、TwitterやFacebookのボタンおよびコメント表示機能も付いているので非常に便利です。

話を戻して一例として実際にOutbrainを使うとどういう表示になるのか紹介します。


↑テキストで表示させています。


↑本家サイトのものです。

Outbrainの導入方法

まずはOutbrainのサイトにアクセスします。

そしたら右上の「Register」ボタンを押して登録します。ボタンを押すと次のような画面になると思うのでユーザー名、パスワード、メールアドレスを記入して「Register」ボタンを押します。

そしたらそのメールあてにメールが届くのでそこのリンクからもう一度アクセスします。ログインが成功したらアカウント画面から「Manage Blogs」の画面を開きます。するとそこに「+Add a Blog」があるのでそこから関連記事を表示させたいブログを登録します。

色々聞かれますが、「Install widget?」を「Yes」として「Choose Your Platform:」では使用しているブログを選んでください。左4つのWordPressやBloggerのブログでなくFC2やライブドアブログなどの人は一番右の「Javascript」を選択びましょう。

言語を選んだら関連記事のリンクをテキストにするかサムネイル画像にするか選択しましょう。これは後からでも変更できるので深く悩む必要はないです。これで「Continue」ボタンを押せば完了です。

次のページでは貼りつけコードが出てくるので貼りつけたい場所など指示に従って指定の場所にコピペしてください。

後は設定を変えたいときは管理画面の「settings」から画像リンクかテキストリンクか、関連記事をいくつ紹介するかなど変更できます。

また、サイトパフォーマンスからはどれくらいクリックされたかなど評価を確認する機能も備わっているのでどれくらいクリックされていてちゃんと効果があるのかチェックすることもできます。

スポンサードリンク
Amazonリンク
参考:mementoo.info

-Web関連, 関連記事等

Copyright© めめんと , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.