Web関連 関連記事等

関連記事を手軽に表示できるzenbackの導入方法

更新日:

スポンサードリンク

関連記事を手軽に表示できるZenbackというサービスの紹介です。

関連記事の表示を手助けしてくれる無料ツールには『LinkWithin』や『Outbrain』といったものがありますが、このZenbackはソーシャルボタン(TwitterやFacebookのいいねボタン)およびそのコメントの設置や全記事共通に出すことのできるお知らせ画面の表示といったことも簡単にできます。

また、関連記事を画像にするかどうかも設定することが可能で、画像がない記事には専用の画像が表示されるようになっています。

欠点としては他サイトの関連記事も表示される、広告が表示されるなどがありますが、十分使えるパーツですので検討してみてはどうでしょうか。

設置方法

まずはZenbackのサイトに行って登録を行います。

トップページ

新規登録ボタンを押すとメールアドレスとパスワードを要求されるので入力します。

パス設定

そのまま次へ進むとサイトアドレスを入力します。そして必要なソーシャルボタンの設定を行います。

スクリプト

「お知らせ欄」(この下に広告が出る)と「関連するみんなの記事」は強制的に表示となります。ここは後で変更可能なので適当でもかまいません。

スクリプト

そしてスクリプトコードが出てくるので記事下など表示させたい部分に貼りつけます。

編集

これで完了です。もし他のブログを追加したい場合は「新規ブログを追加」ボタンから行えます。また、管理画面の編集(EDIT)ボタンから表示・非表示、表示の順番などを設定することができますが、一部の変更は不可能になっています。

編集画面

例えば関連記事数の設定やTwitterコメント表示の設定、表示の順番の変更などが可能です。

カスタマイズする

非常に簡単に設置できて素晴らしいパーツなのですが、デザインなどカスタマイズしたいといったことも出てくるかもしれません。これについては実は公式でハックの方法が紹介されていますのでそちらが非常に参考になります。

『zenback デザインハックブログ』:http://designhack.zenback.jp/

最後に

zenbackを使ってみた感想としては、設置が非常に簡単で、ソーシャルボタンまで表示してくれるので非常にありがたいと感じました。広告についても表示の順番を変更すれば極力目立たないようにできるのであまり気にならないですし、ハックについても公式で詳しく解説されているのでカスタマイズが簡単というのが良いです。

また、初めの方に他のサイトの記事も表示されてしまうと書きましたが、逆に言うと他のサイトで自分の記事が表示されていることもあるということで、まれにZenbackを利用している大手サイトからたくさんアクセスが入ってくるといったハプニングもありました。

欠点としては前述したように他サイトの記事が強制的に表示されてしまうということ。そして、読み込みに若干時間がかかる(スクロールして該当箇所にたどりつくと読み込みを開始する。)ということや、Twitterフォローボタンは強制的に表示されるのでアカウントがない場合はZenbackのアカウントが表示されるといったことが挙げられます。

スポンサードリンク

-Web関連, 関連記事等

Copyright© めめんと , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.