【PHP】ミリ秒を取得することで制限時間を設けて処理をする

公開日: : 最終更新日:2014/08/14 PHP

スポンサーリンク

PHPで時間制限を設けてタイマーのような処理をするときの制限の付け方として、処理のはじめの時刻と処理の途中の時刻の差分をとって閾値以上であればやめるというものを考えます。

時間の取得は色々あると思いますが細かい指定のできそうなミリ秒を取得したいなと思いますが、しかし、PHPでは直接ミリ秒の取得ができないようなので一度microtimeを使って取得します。
microtimeは現在のUnixタイムスタンプをマイクロ秒で取得することができるのですが、1000倍することでミリ秒になります。

$start = microtime(true) * 1000;
$limit_time = 25000;   //25秒過ぎたらやめる
while(/*何かの条件*/){
/*
* 何かの処理
*/
$now = microtime(true) * 1000;
$difftime = $now - $start;
if($difftime>$limit_time){
echo "時間切れ<br />";
break;
}
}

雑ですがこれでもちゃんと動くのでわるいものではないと思います。

microtime
スポンサーリンク
Amazon

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

[DAZ Studio]目線をカメラに向ける方法

DAZ Studioでフィギュアの目線をカメラに向ける方法についてです

[TortoiseGit]ブランチ作成とマージの方法(ローカル)

 私はGitを使うときはTortoiseGitを利用しているのですが、

[DAZ Studio]背景がぼけているCG絵を作成する方法(カメラぼけ)

 DAZ Studioで作成されたCGを見ていると背景がぼけている作品

[DAZ Studio]HDRIで背景&光源を設定する方法

 リアリティのあるCGを作成するにはリアルな背景も重要になってきます。

[DAZ Studio]フィギュアの眉毛を修正する

フィギュアによってはデフォルトで眉毛付きのものもあると思いますが、中に

→もっと見る

  • Author : ががんぼ
    プログラミングやWeb関係で気付いたことについてメモしていく予定。だいたいが備忘録ですが、自分でサンプルを作って動かしてみたりしています。