【PHP】ミリ秒を取得することで制限時間を設けて処理をする

公開日: : 最終更新日:2014/08/14 PHP

スポンサーリンク

PHPで時間制限を設けてタイマーのような処理をするときの制限の付け方として、処理のはじめの時刻と処理の途中の時刻の差分をとって閾値以上であればやめるというものを考えます。

時間の取得は色々あると思いますが細かい指定のできそうなミリ秒を取得したいなと思いますが、しかし、PHPでは直接ミリ秒の取得ができないようなので一度microtimeを使って取得します。
microtimeは現在のUnixタイムスタンプをマイクロ秒で取得することができるのですが、1000倍することでミリ秒になります。

$start = microtime(true) * 1000;
$limit_time = 25000;   //25秒過ぎたらやめる
while(/*何かの条件*/){
/*
* 何かの処理
*/
$now = microtime(true) * 1000;
$difftime = $now - $start;
if($difftime>$limit_time){
echo "時間切れ<br />";
break;
}
}

雑ですがこれでもちゃんと動くのでわるいものではないと思います。

microtime
スポンサーリンク
Amazon

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ASUS TransBook T304UAをSurfaceの代わりに購入したら快適だった件

 外出先での作業用にSurfaceのような2in1パソコンが欲しいと思

コミPo!でネット広告にありそうな画像素材を作ってみた

 コミPo!という絵が描けなくても漫画が描けるというソフトがあります。

HTTP ERROR 500の原因と解決方法案

 PHPをいじっていたら「HTTP ERROR 500」に遭遇して数時

土日は株ができないので競馬で遊んでみた結果、意外にも…

 2018年初めての投稿です。最近株や投信を始めてみましたが土日は当然

WordPressサイトのSSL対応(HTTPS化)手順のまとめ【さくらサーバー】

先週頃にこのサイトをSSL対応しましたのでその流れについてまとめておき

→もっと見る

  • Author : ががんぼ
    プログラミングやWeb関係で気付いたことについてメモしていく予定。だいたいが備忘録ですが、自分でサンプルを作って動かしてみたりしています。