Web関連 ソフト

指定URLのWebサイトの画面全体をキャプチャする方法

更新日:

スポンサードリンク

Webサイトのスクリーンショットを撮る方法としてはいくつかありますが、各方法ごとに調べたものを紹介したいと思います

まずWebサイトをキャプチャする前に、キャプチャ対象がページの一部などといった場合はOSの機能でスクリーンショットを行った後にペイントに貼り付けて保存するのがいいです。私はWindowsしか動かしたことがないですが、該当する場合はこちらのスクリーンショット方法の記事を参考にしてみてください。

Webサイトからキャプチャ

Capture Full Page

Capture Full PageというこのサイトにキャプチャしたいサイトのURLを打ち込めばOKです…が少し使ってみたところ日本語のページはずっと読み込み中になってしまい、うまくキャプチャできなかったのでキャプチャできない場合は次から述べる方法をとった方がいいです。

capturefullpageimg1.png
↑一応参考画像。URLを打ち込んだのち『Take Screenshot』を押すだけ。

ブラウザのアドオンからキャプチャ

Chrome

Chromeのアドオンの『Full Page Screen Capture』を使うとページ全体を手軽にキャプチャすることができます。手順としてはChromeウェブストア
から『Full Page Screen Capture』で検索して出てきたアドオンをインストールしてください。

fullscreencaptureimg1.jpg

このカメラボタンを押すとサイト内キャプチャが始まり、数秒から数十秒程度でキャプチャが完了します。完了するとサイトをキャプチャしたPNG画像のページに移動するのでそれをそのまま保存すれば終了です。

FireFox

『Pearl Crescent Page Saver Basic screenshot tool』というアドオンでFireFoxでもWebスクリーンキャプチャを取得することができます。FireFoxのPearl Crescent Page Saver Basic screenshot toolから『Pearl Crescent Page Saver Basic screenshot tool』で検索してブラウザにインストールしてください。

PearlCrescentPageSaverBasicimg1.jpg

こちらも先ほどのものと同様にブラウザの右上にカメラマークのボタンが出現するので、ボタンを押すと保存ダイアログが現れてキャプチャ画像をPNG形式で保存することができます。

フリーソフトからキャプチャ

PHARMACYというフリーソフトを使うとブラウザの画面いっぱいを画像として保存することができます。

pharmacyimg1.jpg

使い方はURLを打ち込んで「移動」ボタンを押したのちに「キャプチャ」ボタンを押せば完了です。

自分で作る

最強の手段です。裏でなにやってるのかいまいち信用できないフリーソフトはいやだ!という方は自作するのをおすすめします。自前でブラウザでもなんでも作ってください。

C#参考になりそうなページ
WEBページをビットマップ保存するサンプル(C#.NET)

スポンサードリンク

-Web関連, ソフト

Copyright© めめんと , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.