【CSS】:hover疑似クラスで指定要素とは別の要素にスタイルを適用する

公開日: : 最終更新日:2014/08/14 CSS

スポンサーリンク

CSSの「:hover」疑似クラスを使えばマウスオーバー時にその要素に対して何らかのスタイルを適用させることが可能ですが、:hoverエフェクトを指定した要素以外の要素にスタイルを適用させたいときには隣接要素の場合は「+」兄弟要素の場合は「>」として以下のようにします。

<style type="text/css">
<!--
#test:hover{
background-color: blue;
}
#test:hover + #target{
background-color: red;
}
#test:hover > #inner{
background-color: green;
}
#test:hover > #inner:hover{
opacity: 0.7;
}
-->
</style>
<div id="test">
<div id="inner"></div>
</div>
<div id="target"></div>

デモ)

#test

#inner
#target

さらに兄弟要素のときに:hover疑似クラスを重ねがけしたいときは上のように単純に:hoverをもう一つ付けるだけで大丈夫です。

HOVER!(1) (カドカワデジタルコミックス)
KADOKAWA / 角川書店 (2012-09-01)
スポンサーリンク
Amazon

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

[DAZ Studio]目線をカメラに向ける方法

DAZ Studioでフィギュアの目線をカメラに向ける方法についてです

[TortoiseGit]ブランチ作成とマージの方法(ローカル)

 私はGitを使うときはTortoiseGitを利用しているのですが、

[DAZ Studio]背景がぼけているCG絵を作成する方法(カメラぼけ)

 DAZ Studioで作成されたCGを見ていると背景がぼけている作品

[DAZ Studio]HDRIで背景&光源を設定する方法

 リアリティのあるCGを作成するにはリアルな背景も重要になってきます。

[DAZ Studio]フィギュアの眉毛を修正する

フィギュアによってはデフォルトで眉毛付きのものもあると思いますが、中に

→もっと見る

  • Author : ががんぼ
    プログラミングやWeb関係で気付いたことについてメモしていく予定。だいたいが備忘録ですが、自分でサンプルを作って動かしてみたりしています。