【C言語/C++】余りを求める剰余演算子(%)を使う

公開日: : 最終更新日:2014/08/14 C/C++

スポンサーリンク

基本的なことかもしれませんが、C言語やC++などであまりを出すには剰余演算子である『%』を使います。使い方としては、変数『a』を変数『b』で割ったときの余りは『a % b』のようになります。

サンプル)

#include<stdio.h>
int main(void){
	int a = 5;
	int b = 2;
	int c = a % b;
	printf("%d\n",c); /*余りは『1』*/
}

割り切れる場合はもちろん0になります。

RAH(リアルアクションヒーローズ) MGM 巴マミ
メディコム・トイ (2013-06-29)
売り上げランキング: 20,706
スポンサーリンク
Amazon

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

[Python3]Webスクレイピングで繰り返し構造のデータを取得する

Python3のBeautifulSoup4でWebスクレイピングをし

2D写真から立体視画像を作成してみた

 カメラなどで撮影した写真からデプス(距離)画像を推定する技術でステレ

ディープラーニングの単眼画像Depth推定を試す

前々から気になっていた写真から立体を推定するCNNのディープラーニン

PyCharmとAnacondaの仮想環境を連携する手順

 PyCharmはデフォルトで仮想環境はVirtualenvを使うよう

【Python】正規表現で括弧で特定の文字列を抽出する方法

Pythonの正規表現で括弧を使って文字列を抽出するサンプルを作成しま

→もっと見る

  • Author : ががんぼ
    プログラミングやWeb関係で気付いたことについてメモしていく予定。だいたいが備忘録ですが、自分でサンプルを作って動かしてみたりしています。