【C言語/C++】余りを求める剰余演算子(%)を使う

公開日: : 最終更新日:2014/08/14 C/C++

スポンサーリンク

基本的なことかもしれませんが、C言語やC++などであまりを出すには剰余演算子である『%』を使います。使い方としては、変数『a』を変数『b』で割ったときの余りは『a % b』のようになります。

サンプル)

#include<stdio.h>
int main(void){
	int a = 5;
	int b = 2;
	int c = a % b;
	printf("%d\n",c); /*余りは『1』*/
}

割り切れる場合はもちろん0になります。

RAH(リアルアクションヒーローズ) MGM 巴マミ
メディコム・トイ (2013-06-29)
売り上げランキング: 20,706
スポンサーリンク
Amazon

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

[DAZ Studio]目線をカメラに向ける方法

DAZ Studioでフィギュアの目線をカメラに向ける方法についてです

[TortoiseGit]ブランチ作成とマージの方法(ローカル)

 私はGitを使うときはTortoiseGitを利用しているのですが、

[DAZ Studio]背景がぼけているCG絵を作成する方法(カメラぼけ)

 DAZ Studioで作成されたCGを見ていると背景がぼけている作品

[DAZ Studio]HDRIで背景&光源を設定する方法

 リアリティのあるCGを作成するにはリアルな背景も重要になってきます。

[DAZ Studio]フィギュアの眉毛を修正する

フィギュアによってはデフォルトで眉毛付きのものもあると思いますが、中に

→もっと見る

  • Author : ががんぼ
    プログラミングやWeb関係で気付いたことについてメモしていく予定。だいたいが備忘録ですが、自分でサンプルを作って動かしてみたりしています。